ひなたのみらい
新橋夢クリニックで不妊治療をして、妊娠、出産しました。応援してくださった皆さん、ありがとうございました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世代リレー
昨日の続きです。

私は中学の頃から、ずっと学校の先生になりたかったんです。
それで教職課程を取って、教育実習に行きました。
でも、教育実習とかやっているうちに、
もしかしたら、向いていないのかも。。。と思い始めました。
真面目な子は好きだけど、不良っぽい子は苦手で、えこひいきとかしそうだし。
自分はわりと学校が好きな子供だったから、
学校が好きじゃない子の気持ちとか全然理解できないかもと思ったり。
それで、進路変更しました。
今は普通の事務職の会社員です。

進路変更するときに、
それでも、教育に携わる仕事がしたいなって思いました。
それで、ふと思ったんです。
先生にならなくても、お母さんになれば、
それが一番の教育に携わる仕事だなあって。

世代をつなぐことをしてみたい。
これが私の望みです。
大学の授業で、1、2年生のときはたいていの人が
「私が中学生の頃はこれが嫌だった」みたいに
自分の過去の経験から意見を言います。
でも、3、4年になると
「自分の子供にはこういう社会で生きてほしい」と、
次の世代を意識した意見を言うようになっていました。

自分より後から歩いてくる世代の人には
自分よりももっと幸せになってほしい。
普段ずーっとそんなことを考えているわけではありませんが、
ふとしたときに、そう思いながら大人をやっていくのは
けっこう楽しかったりします。

さらに自分の子供の幸せを願いながら、
大人として生きていくのは、
素敵だろうなあって思います。

これが子供が欲しい理由のひとつです。

テーマ:不妊症 - ジャンル:心と身体

よその赤ちゃん
アクセス解析で見ると「新橋夢クリニック」で
検索して来てくれる人が多いんだなあって思います。
夢クリニックに通っている方、興味ある方、
コメントなど、いただけるとありがたいです。

なんて、お願いしているけれど、
実はこのブログ、主人には内緒で書いているので、
家からは更新できないんですよね。
会社の休み時間とか暇な時間とか、
移動時間に携帯からとか、そんな感じに書いてます。
だからたまにレスが遅くなったり、
他の方のブログにもあまりコメントを残せなかったりして、
申し訳ないなと思ってます。
でも、仲良くしていただけたら幸いです。


さて、今日はなんで赤ちゃんが欲しいの?という話です。

こういうことを書くとナンだけれど、
私は他の人の赤ちゃんを見て、
「うわー、かわいい。抱かせて抱かせて!」とは思いません。
やっぱりこう書くと、なんか母性本能の足りない人みたいですね。。。
まあ、かわいいなあと思うけれど、
「所詮他人の子だし」と思ってしまいます。
赤ちゃんを見ているのはやっぱりいいもんだけれど、
自分が触っちゃいけない存在のような感じがするんです。
私より、その赤ちゃんに頼られる存在
(つまりはそのうちのママのことね)がいるのが、
悔しいというか、当然だよなあというか。

なんていうのかなあ、
他の女性に夢中なカッコイイ男性を見る感じかしら。
「しかも、私はカレシ欲しいのに!
あの人にはカレシがいてうらやましい!」みたいな感じ。
(なんか、書いていてけっこう自分の気持ちを上手く表現できる例えだなあと思います)
恋愛だっていいことばかりじゃないよ、ってわかってるけど、
でも、とにかく、自分に夢中になってくれて、
自分も夢中になって愛を注げるカレシが欲しい! みたいな感じ。
いくら自分好みでも、他の人のカレシとしゃべったってしょうがないし。

あれ?
「なんで赤ちゃんが欲しいか」という話になるはずだったのに、
「よそのうちの赤ちゃんは所詮よそのうちの赤ちゃん」という話に
なってしまいました。。。
じゃあ、「なぜ赤ちゃんが欲しいか」の本題は
また今度にします。

テーマ:不妊症 - ジャンル:心と身体

連帯感
以前の治療③を追加しました。

夢クリニックの待合室には大きなモニターがいくつもあります。
番号で患者さんに行く場所を伝えるためのモニターと
小さな音でテレビを流しているモニターがあります。

私はふだんあまりテレビを見ません。
でも、こうやって待合室にいるときにテレビがついてると
ついつい見ちゃいますね。
情報紹介番組でおいしそうな食べ物を紹介してると
じっと見ちゃったりします。

前に病院に行ったときに、ある番組で
お手伝い中に両親のお茶碗を割ってしまった小学生の女の子が
家族おそろいのお茶碗を作りたいということで、
陶芸に挑戦するというのをやっていました。

この女の子がとても素直でかわいくて、
途中で上手くできなくて泣いてしまうんです。
最後にはちゃんと完成し、家族でそのお茶碗でご飯を食べます。
両親が喜ぶと、女の子は今度は嬉しいと言って、また泣いちゃうんです。
なんだかこちらもちょっとじーんとしてしましました。
お母さんが「せっかく作ってくれたから、割らないようにしないとね」と言うと、
「そう思って、あと3つ作ったの」とスペアを見せる彼女。
ジーンから一転、大笑いしてしまいました。

でもね、こういうのを夢クリニックの待合室で見てると、
「ああ、ここにいる人達は皆、
こんな素直な子供が欲しいという思いで、
見ているんだろうなあ」って思うんです。
私の勝手な思い込みかもしれませんが。
夏休みだからか、親子の特集がけっこう多くて、
私は「子供とこうやってキャンプに出かける日」などを
夢見てしまいます。

先日、やはりクリニックのテレビで、
小学生の女の子がダンス教室で先生にしごかれているのを見ました。
先生も女の子もものすごい迫力で、
見に来たお父さんの目が点になってました。
そのお父さんの表情がなんとも言えなくて、
私は思わず、クスリと笑ってしまいました。
そうしたら、隣にいた女性もクスリと笑いました。
そして、こちらを見てニコッとしました。

夢クリニックでテレビを見ると不思議な連帯感を感じます。

テーマ:不妊症 - ジャンル:心と身体

アンビバレント
 ダンナとケンカしました。

 うちは結婚後2年経ってもけっこうラブラブなことを言い合うので、
寝る前のおしゃべりで「私達、出会えてよかったよねー」とか、
まあ、そんなことを言ってたわけです。
それで、私が「今年は治療があるから、旅行はできないね」と言ったら、
「僕はもっともっと二人でいろんなところに行きたいよ」と言うので、
「もう行ったじゃん」と言ったら、急にダンナがダンマリになって、
つないでいた手を放して向こうを向いてしまいました。
なんで?! さっきまでラブラブだったじゃん!

 私は寝る前にケンカすると眠れなくなってしまうので、
こういう状況になると解決せずにはいられず、かなりしつこくなります。
「ちょっと、なんで突然黙るのよ。ねえ、ちょっと聞いてるの?!」と
さっきのラブラブムードもどこへやら、脅すようにたたみかけます。

 「もう、しつこいなあ! なんで、自分で考えないで
全部言わそうとするの?!」
「違うよ、突然ダンマリになって向こう向いちゃうほうが悪いでしょ!」
(ちょっと会話がかみあってません。。。)
ダンナは
「『もう行ったじゃん』って何だよ!
俺は子供がいない時期にいっぱい旅行に行きたかったんだよ!
ジイさん、バアさんになってから行くより、今行きたいんだよ!」
と言って、向こうを向いて寝てしまいました。
私は腹が立って、部屋を出て、しばらくの間、本を読んで心を落ち着けました。


 さて、「子供が欲しい」という気持ちに嘘はありませんが、
「子供ができる前にあれもしたい、これもしたい」という気持ち、
それもどこかに少しあるような気がします。
だって、子供がいない未来は想像したことなかったけれど、
それだけが未来への夢じゃなかったはずだもの。

よく、他の人のブログで、
「すぐできると思っていたから、3年くらいは二人でゆっくりしたいと思ってた。
今から考えるとバカなことをした」
という記述を見ます。

私自身も去年のはじめまではやりたいことがあったので、
妊娠してしまって、それをあきらめるのは嫌だなあと思っていたのです。
別にその時間を後悔するつもりはないけど、
治療は「時間との戦い」の部分が大きいので、
うーん。。。と考えてしまいますね。

 子供が欲しい気持ちがまっしぐらなときもあるし、
ちょっとのんびりしたくなるときもあって、
その波が夫婦でちょっとずれたとしても、
お互いに理解してあげたいですねぇ。。。
まあ、私みたいにすぐヒステリーになっちゃう人には
本当に難しいけど。

今朝、ダンナに「昨日、すごく冷たい言い方した」と言ったら、
「きっと僕、生理だったんだよ。理解して」とのことでした。

テーマ:不妊症 - ジャンル:心と身体

customize by カールアニキ Material by 自然いっぱいの素材集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。