ひなたのみらい
新橋夢クリニックで不妊治療をして、妊娠、出産しました。応援してくださった皆さん、ありがとうございました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっぱり多嚢胞
土曜日に二回目の診察に行って来ました。
今回は再診だったからか、前回よりはスムーズに流れ、
8時5分夢クリニック着、11時30分会計でした。

まずは採血。
前の病院でたぶん感染症の検査もしたとは思うけど、
結果が家のどこにあるかよくわからないので、
感染症の検査もすることになりました。
というわけで、今回は3本も抜かれました。
まあ、針を3回刺すわけじゃないからいいんですが、
貧血になりやすい私はひっくりかえるんじゃないかとドキドキします。
会社の健康診断のときには念のため横になって採血してもらいますが、
忙しそうな夢クリニックではそれもお願いしづらいです。
注射とか内診とか検査とか、全然平気な私ですが、採血は苦手です。
自分の血が抜かれるところは怖くて見られません。

13日目だし、そろそろ採卵日が決定したりするかもと、
思っていたんですが、
内診すると、全然卵胞が育っていませんでした。
片側は相変わらず小さい卵が横並び状態だし、
もう片側も相変わらず真ん中がもやーっとしてます。
先生に「ああ、やっぱりこりゃ、多嚢胞だね。
そしてこっちは内膜症だね」と言われました。
初診で指摘されたときは信じられませんでしたが、
今回もこうだと、間違いないみたいです。。。

ヒューナーテストをするかもと思って、
前日の夜に仲良くしたのですが、
「まだまだ、頚管粘液も全然出てないね」とのこと。
ダンナ、ごめんねー。

その後、診察室に呼ばれると
「テストステロン(男性ホルモン)もこの前より上がっているし、
やっぱり多嚢胞だね」とのこと。
先生が説明会のときに
「どうやってもいい卵ができにくいのが多嚢胞の人」と
何度も言っていました。
そのときは「自分は該当じゃないし」と思っていたのにね。
やっぱり多嚢胞ですか。。。

内膜症も気になったので、
「卵巣の内膜症はどうなんでしょうか?」と聞くと
「うん、内膜症だね。どうしようもないよ、こりゃ。
手術すると卵巣がなくなっちゃうから、
このまま何もしないよ」とのことでした。
じゃあ、今月の生理痛の激痛みたいなのが
これからもずっとあるかもしれないってことかな。
うう~、嫌だ。
でも、卵巣の大部分がなくなっちゃうのも嫌だし、
仕方ないかな。

転院したのは正解だったと思うけど、
今回の採卵については全然期待が持てません。
そんなに落ち込んでいるわけじゃないけど、
いい卵ができにくい自分が困ったなあという感じです。

お会計は。。。
感染症の検査は1万5千円もするんですね。
やっぱり家中をさがしたほうがよかったかな。


次回は8月8日、仕事の後に行きます。
スポンサーサイト

テーマ:不妊症 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
そっかぁ・・、多嚢胞と内膜症かぁ。。
でも、この前も言ったけど、多嚢胞で妊娠出来てる人はたくさんいるし、内膜症だって同じだよ。
今回の採卵だって、いい卵がとれる可能性だってあるよ。
それにいい卵がとれたって、絶対に妊娠に結びつくとは限らないし、妊娠なんていきなりしちゃうこともあるし。
私も不妊原因が次々と出てきたけど、やっぱり早く原因が分かった方のが治療方針もはっきりしてくるからいいよね。
ひなたさんは採血が苦手なのね。。。
私も採血しているところは見れないけど、注射よりはいいかなぁ。
次回の診察で、卵ちゃんが大きくなっているといいね。
でも、きっと大きくなっていると思うよ。
2007/08/06(月) 18:05:33 | URL | りかりん #-[ 編集]
ありがとう
りかりんさん、いつも励ましありがとう。
昨日、病院に行ったら、ちゃんと卵胞が大きくなっていて、
近いうちに採卵です。なんか、土曜日は
「どれが主席卵胞なの?」
というくらい横並びだったのに
ちゃんと一個が大きくなっていて
びっくりしました。
今まで多嚢胞じゃないと思ってたときには
全然気にしてなかったのに、
多嚢胞と言われたら
「ちゃんと大きくなるやつがあるのかな」って
不安になってました。4日ほどで急に大きくなるものですね。
あとは空胞じゃないことを祈るばかりです。
りかりんさんは親知らずはどうですか?
2007/08/09(木) 06:53:41 | URL | >りかりんさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
customize by カールアニキ Material by 自然いっぱいの素材集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。