ひなたのみらい
新橋夢クリニックで不妊治療をして、妊娠、出産しました。応援してくださった皆さん、ありがとうございました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前の治療①
夢クリニックに行くまでの治療を書いてみます。

初めて病院に行ったのは。。。

厳密に初めて行ったのは結婚式を挙げる直前、2005年の秋。
会社の健康診断で受けた婦人科で、
「最近、生理が来ないんです」と相談してみました。
検査してみたけれど、妊娠はしていませんでした。
たぶん、結婚式前のバタバタで生理が止まっちゃってたんでしょうね。
どうせなら、結婚式→ハネムーンまで生理が来ないほうが楽なので、
「ハネムーンから帰って来たらまた来ます」と言って帰りました。
ハネムーンから帰って病院に行くと
「これ飲むと生理が来るから」とドオルトンを処方され、
「これ飲むと排卵が起こるから」とクロミッドを処方されました。
その通りになったので、薬の力にビックリしました。

その後、その病院で「子供は早く欲しい」という主人の言葉を伝えたら、
クロミッドを処方されて、HCGを打たれて、
「じゃあ、タイミングを取ってください」と言われました。
その展開の早さにびっくりして、
「このままではすぐに子供ができちゃう!」と思い、
タイミングを取りませんでした(笑)。
だって、薬と自分の身体の反応が直結しているのに驚いて、
「病院ってすごいな!」と思っちゃったんですよ。
だから、子供ができないと言ってる人は
恥ずかしくて病院に行かない人なのかな、なんて、
今から思うと勘違いもいいところですね。

その病院で尿中LHを測る検査薬が薬局で売ってるということを教わりました。
先生が他の病院に移ったことと
私が「やっぱり妊娠前にやっておきたいことがある」と思ったのとで、
いったん、妊娠計画は保留になりました。
スポンサーサイト

テーマ:不妊症 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
customize by カールアニキ Material by 自然いっぱいの素材集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。