ひなたのみらい
新橋夢クリニックで不妊治療をして、妊娠、出産しました。応援してくださった皆さん、ありがとうございました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
顕微受精と裏口入学
期待しすぎちゃいけないと思いつつ、
妊娠生活ってどんなだろうと妄想し始めています。
でも、相変わらず、体調の変化は何もなく、
やっぱり嘘に違いないという気持ちもあります。
まだ「妊娠した」とは全然思えません。
体調はあえていえば、
眠くてしょうがないということでしょうか。
電車もよく乗り過ごしています。
でも、ただの睡眠不足かもしれないし、よくわかりません。
まあ、幸いに出血はなく、
ときどき生理の前の日みたいな茶色のおりものが出るくらいです。

さて、今日は顕微受精について書きたいと思います。

まず、世界初の体外受精ベビーのルイーズちゃんが生まれたのが、
78年のことです。
最近、彼女が自然妊娠で出産したことが
話題になりましたね。
ルイーズちゃんはうちの妹と同い年。
そうすると、母の世代がどんなに不妊に苦しんでいても、
一般人が簡単にできる治療じゃありませんでした。

さらに、世界初の顕微受精ベビーが生まれたのは92年の4月です。
まだ十数年しか経っていません。
私は高校生で、「性」を意識した辺りの頃です。
それが、子供を産む歳になったときには
「ありふれた治療」になっていること、
この世界の技術の進歩って本当にすごいなあと思います。

顕微受精の場合、
活きのいい精子が一匹いれば、
顕微鏡で見ながら、直接卵子に注入して受精させます。
これにより、男性不妊はほとんどなくなったと言えますね。

私の場合、精子の数等には問題がなかったのですが、
採卵の時間が若干早く、
卵の周りのコロナみたいな細胞と卵の間のすき間が
まだあまりできていなかったため、
念のために顕微受精ということになりました。
成熟卵の場合は卵と周りの細胞の間に
けっこうすき間ができるそうです。
そういう事情だからか、自然採卵周期の請求書には
顕微受精代の5万円は含まれていませんでした。

自らも不妊治療をした産婦人科の田口早桐さんは
やっぱり子どもがほしい!―産婦人科医の不妊治療体験記 やっぱり子どもがほしい!―産婦人科医の不妊治療体験記
田口 早桐 (2006/06)
集英社インターナショナル

この商品の詳細を見る

この本の中で、
なるべく活きのいい一匹をガラスの針で取る作業を
「金魚すくいに似ている」と書いています。

ところで、
普通に受精する場合、精子たちは過酷な競争を勝ち抜いて、
一匹だけがゴールに到達しますよね。
そうすると、その一匹は、言わば受験戦争を勝ち抜いて合格した、
エリート中のエリートということになります。
でも、顕微受精の場合はそういう競争などはなく、
偶然に選ばれた一匹です。
まるで、裏口入学で入学した学生みたいですよね。
そうすると、もしかして精子の質の違いとか、
そういうこともあるんじゃないかなあと思うんですが、
皆さんはどう思いますか?

友人に話したら、
「でも、それは何千万の中から選ばれた、
ものすごく運の強い精子だってことじゃん」
と言っていました。
まあ、そういう考え方もありますよね。
ハットちゃんもそういう強運の受精卵です。

あと、赤ちゃんの性別って
精子によって決まりますよね。
そうすると、熟練の培養士さんとかは
なんとなくだけど、精子を見ただけで
だいたいこういう形をしているのは男の子になる、とか、
そんなことがわかったりしないのかしら?
わかっているけれど、倫理的に問題があるから、
公表しないだけなのでは。。。とか。

かくして、私は
精子に「♂」や「♀」という旗をさしている光景とか、
精子が培養士さんに「僕を選んで」と賄賂を渡している光景などを
妄想して楽しんでおります。
スポンサーサイト

テーマ:不妊 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント
この記事へのコメント
おもしろい
裏口入学説おもしろい!
私も、選ばれた強運の精子かと思ってましたが、
「培養士さんに賄賂…!」

最高です。
賄賂に何もらってるんだろうね?(大笑)

確か、精子を遠心分離機にかけて、外側が…内側が…って、男女の区別ができるという話を聞いた事があります。
一番強運の、そして培養士さんに気に入ってもらえる賄賂を送ったのは、ひなたさんの場合、男女どちらだったんでしょうね(*^_^*)
分かるまで楽しみだね(*‘‐^)-☆

極度の眠気は、きっとお腹からのサインよ!
休める時にたくさん休んで、お腹の子の希望をかなえてあげてね。
心拍確認、院長がなんて言ってくれるかたのしみだね!

(また内診では無言かもしれないけど…ねっ)
2007/10/04(木) 19:48:46 | URL | ハルコイ #18M1d6eA[ 編集]
ハルコイさん、こんにちは。

笑ってくれて良かったです。
こんな変な妄想でも、
ハルコイさんがちょっと笑ってくれたなら、
書いた甲斐があったというものです。

賄賂、何を渡しているんでしょうかね。
なんか、封筒に包んだ現金を想像していましたが、
どうなんでしょう?

極度の眠気、やっぱりそうなんでしょうか?
電車ではいつも読書しているのですが、
最近は本を開くとすぐに寝てしまいます。
睡眠不足にならないように気をつけますね。

ハルコイさんも次の移植までゆっくりなさってください。
2007/10/05(金) 21:23:47 | URL | >ハルコイさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
customize by カールアニキ Material by 自然いっぱいの素材集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。