ひなたのみらい
新橋夢クリニックで不妊治療をして、妊娠、出産しました。応援してくださった皆さん、ありがとうございました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
科学的な態度
こんにちは。
実家に帰ってすごくのんびりしてきました。

もともとおしゃべりな私は、
ここぞとばかり母や妹、このブログを知っている友人に、
治療中のできごとをいっぱいしゃべってきました。
友人に「そんなデリケートな問題である不妊治療を
そんなに明るくしゃべる人、見たことないよ」
と言われました。
ははは。

でも、夢クリニックで治療していると
先生のクールさもかえって楽しいし、
電子顕微鏡の画像やエコーなど、
めったに経験できない経験で、
科学の進歩を実感できて、
それが、なんというか、知的好奇心を満足させるというか。。。
自分の卵子の写真とか、
自分の精子の動いている様子とか、
見たことある人がどれくらいいるでしょう!

他の人に自慢げに話しまくれる内容ではないけれど、
信頼している人には珍しいネタとして、
話さずにはいられません。


ところで、
世の中に「これをやったら妊娠できました」というもの、
いろいろありますよね。
鍼、マッサージ、サプリメント、漢方、食品、運動、風水、
などなどなど。
これだけネットが発達している時代、
「不妊」、「赤ちゃんがほしい」などで検索すると、
本当にいろんなものが引っかかってきます。
不妊関連の本もいろいろ出ています。

それは本当に玉石混交で、
ある程度、経験的に根拠があるものもあるでしょうし、
どう考えてもこじつけにしか思えないものもあります。

不妊であるという状況に置かれると、
「これをして赤ちゃんができました」という情報に
わらでもすがる思いで、とびついてしまいますが、
残念なことに、
それで金儲けをしようとしている人達も大勢います。

私は陽性判定が出たこの周期、
本当に特別なことは何もしていません。
以前飲んでいたざくろジュースも漢方も
夢クリニックに通ってからすっぱりやめてしまいました。
一袋買った玄米もダンナに不評なので、
ほとんど食べていませんでした。
ジャンクフードやお菓子はけっこう食べてました。
鍼にだけは週に1度だけ通って、
体は冷やさないようには気をつけていました。

結局のところ、
本当に人それぞれなんだろうなと思います。
「高度な不妊治療をやめて、
子供をあきらめたら、奇跡的にできた」という人の話、
治療のストレスがなくなったことが
その人にとっていい結果を生んだのでしょう。
食べ物や運動に気をつけて、健康的になることこそ、
子供を授かることができると考える人もいるかもしれません。
また、反対に「種の原理」の考え方などから、
生命の危機的状況のほうが遺伝子的に
子孫を残そうとするのだと、運動や食べ物などに
あまり意味はないと考える人もいるかもしれません。
(まあ、その場合でも自ら進んで生命の危機になるのはやめましょう)

私は以前に紹介した「不妊治療はつらくない」を読んで、
加藤レディースクリニックの先生方の方針が
科学的であると感じ、自分でも納得していたので、
夢クリニックでは先生の言うとおりにしようと思いました。
でも、「高度な不妊治療が逆に赤ちゃんを遠ざけている」と
主張する本もありますし、
夢クリニックのやり方が合わない人だって
もちろんいるだろうと思っています。

こうやってブログに治療の記録を
詳細に(でもないけど。。。)残していますが、
この治療をオススメしているわけではありません。
もちろん、私は夢クリニックを信じているので、
ときどきベタ褒めしているときもあるでしょう。
私自身も自分が多嚢胞だとわかったとき、
「多嚢胞を乗り越えて妊娠した人」のブログをじっくり読んだり、
低体温を気にしていたときだって、
「低体温だけど妊娠していた人」のブログに希望を感じたりしました。
だから、そうだなあ。。。
「ああ、こういう人もいるんだなあ」と、
ちょっと希望を感じたり、共感したりして、
自分も明るい気持ちになる、くらいが
他の人のブログを読むときの態度として
ちょうどいいのかなあと思います。

こんなに情報が氾濫する社会だからこそ、
不妊であることがどんなに辛くても、
それが自分にとって本当に必要な情報であるかを
選択できるようになりたいものですね。


明日はいよいよ胎嚢確認、
ちゃんと子宮内に見えますように。
スポンサーサイト

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

実家に報告
実家には、心拍確認後に知らせようと思っていたのですが、
下の記事に書いたように、
今週末、友達と一緒に実家に泊まるので、
両親と、結婚している妹に報告することにしました。
両親と妹には治療のことを簡単に話してありました。

行ってから話そうと思っていたのですが、
明日、父の帰りが遅いそうなので、
電話で報告しました。

「陽性判定出たんだよ」と言うと、
母は「あら~、よかったわねー!」と明るい声で言ってくれました。
なんか、ほっとして、やっと嬉しいなあと思いました。
まだまだホルモン値だけの判断で、
胎嚢も確認できていないことなどを告げると、
「そうねえ、あんたもお母さんの血をひいてるから、
本当に無理しないでゆっくりしていなさい」
と言ってくれました。
母親って自分が妊婦だった経験があるから、
陽性判定とか、胎嚢とか言っても話がすぐ通じて便利です。

父に替わってもらうと、
「よかったなあ」としみじみと嬉しそうな声。
「まだ、尿検査とかで『妊娠しているみたいです』ってことだから、
お腹の中に見えたわけじゃないし、
よくわからない状況なんだよ」と言うと、
「そうか、お前もお母さんの血をひいているんだから。。。」と
母と同じことを言いました。
やっぱり用心が必要ですね。

父が
「まあ、期待しているよ。
あ、ええと、変な意味じゃなくて、ええと。。。」と困っているので、
「わかってるよ。
『いい結果になるといいね』とか、
『応援しているよ』ってことだよね」と言うと、
「そうそうそうそう」とテレていました。
なんかお父さん、かわいい。。。


妹に報告すると、
「よかったねー」とすごく嬉しそうに言ってくれました。
まだまだわからないんだよということを説明し、
この後の経過のことなんかを話しました。

妹も生理不順で通っている婦人科の先生に
「あなたは妊娠できにくいです」と言われて、
不妊治療の先生を紹介してもらったそうです。
今すぐにほしいわけじゃないけれど、
今のうちに体質を改善して、タイミング等もとっていきたいと
話してくれました。

うちの家系って、妊娠するってことに対して
なかなか大変な家系みたいです。

ダンナは明日から社員旅行。
私は会社帰りから実家に行ってのんびりしてきます。

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

「ううっ、痛い!」
今朝、目覚ましで目が覚め、
「うーん」と伸びをした瞬間、
ふくらはぎがつりました。。。

思わず、
「痛っ!いたたたた。。。ううっ!」とうめくと、
ダンナがガバッと起きて、
「大丈夫!?」と言ってくれました。
「足がつった。。。」と言ったら、
足の指を引っ張ってくれて、
すぐに直りました。
結婚っていいなと思った瞬間でした(笑)。

その後、ダンナが
「もう、ビックリさせないでよ。
昨日、ああやって切迫流産の話をした後で、
『痛い!』ってうめいているから、
『お腹が痛いんだ!』って思って慌てちゃったじゃん!」と言われました。
ああ、なるほど、そういう誤解するよなあ。。。

とりあえず、もう夏の布団1枚はやめて、
ふくらはぎにもレッグウォーマーをして寝ます。

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

2回目の判定
2回目の判定日でした。

今回は1回めの判定日よりもずっとドキドキしました。

なぜかというと、体温のせい。
朝、体温を測ったら、36.3。
妊娠時の体温とは思えない低さです。
それまでは36.6くらいはあったので、
これは。。。と心配でたまらなくなりました。
もし、前回よりもβ-HCGが低いかもしれないと
覚悟しながら病院に行きました。

緊張と寝不足ですごくふらふらしているのに、
採血が。。。
1度目、いつもの左腕に刺した注射器(?)に
全然血が入っていきません。
「すみません、もう一度させてください」と言われ、
「じゃあ、しばらくしてからもう一度左腕で」と言ったのに、
さらに出にくい右腕でチャレンジされました。
案の定、全然血が入っていきません。
緊張もあってさらに血圧が下がってきた感じがしたので、
「すみません、ちょっと抜いてください」とお願いし、
5分くらい休ませてもらいました。

休んだ後の採血は違うナースさんで、
あっさりと左腕から採ってくれました。
うーん。。。看護婦さんの腕?


さて、いよいよ診察です。
結果は。。。
β-HCG 増えてました!!
14倍くらいになっていました。
驚きました。

 E2:146
 P4:0.4
 β-HCG:693.5


「HCGが増えてるから、胎嚢が育ってきてると思います。
次の時にはエコーで胎嚢を確認しましょう」と言われました。

「あのー、黄体ホルモンの値ってどうなんでしょう?」と聞くと、
「黄体ホルモンは胎児心拍がないと上がっていかないから」とあっさり。
「体温が全然高温にならないんですが。。。」と続けると、
「高温になる薬出してないから、当然です」とばっさり。
デュファストンの薬やPデポでは体温は上昇しないそうです。

「これから、胎嚢が育って、出血しやすい時期になるので、
出血したら安静にして。
少量の出血なら、安静にしてればすぐ止まるから」との注意。
「じゃあ、多量の出血のときは?」
「そのときはクリニックに電話して。
でも、基本的には安静だから」
ああ!これから不安な時期なんですね。

ところで、
ここから先の先生との会話が、
今から思えば、ちょっとかみ合ってなかったかも。

私は上記の出血の話はもう終わったものとして、
「(今って)普通に生活していていいんですよね?」と質問したんですが、
「できるだけ横になってて。立ったりすると出血しやすいから」
とのことでした。
「会社に普通に通っていいですよね?」と聞くと、
「会社に行くのはお勧めしないなあ」と言われました。
「でも、私、座ってるだけの事務仕事なんです」と言うと、
「でも、やっぱりできるだけ寝てるのがいいねえ」と言われました。

そのとき、私は、
「ええ? 陽性判定でたら、仕事休んだほうがいいの?
無理だよ!」と思って、ちょっと焦ったんです。
でも、後でよくよく考えると、先生はずっと、
「(出血した場合に)会社に行って仕事していいか?」の質問に
答えてくれていたのかな?

家に帰ってダンナに聞いてみると、
「当たり前じゃん。
『陽性判定出たから会社2週間休みます』とか、
聞いたことがないよ。
だいたい今まだ普通の人は妊娠にも気づかない時期じゃない?
絶対先生は、『この人、流産しかかったときでも、
そんなに会社が大事か!』って思ったはずだよ」
とのこと。
ダンナに言わせると、初診のときから、
私と院長先生との会話がかみ合ってないらしいです。
そうかなあ。。。

まあ、安静にしているに超したことはないですよね。
会社はまあ、普通に通うにしても、
遊びに行くのはやめようかなあと思います。
この週末には実家(電車で1.5時間くらい)に帰って
大学時代の友人が地方から泊まりに来るんですが、
私は実家でダラダラするだけで、
その友達と出歩くのはやめようと思います。
その友達だけにはこのブログのことを話したので、
このことを知っているのです。
理解してくれて、泊まらせてくれるだけでいいって言ってくれました。

そういうわけで、
実家への報告はもっと後でと思っていたのですが、
友達が遠くから来ているのに、
家でごろごろしてるのは不自然なので、
報告しておこうと思います。

実はうちの母は、私を妊娠するまで生理不順で
今回も遅れているだけだろうと思っていたら、
「妊娠しています。その上、切迫流産です」と言われたらしいので、
私も用心しておくのがよさそうです。

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

判定日
こんにちは、ひなたです。

皆さん、昨日書いた短い記事に
たくさんのコメント、本当にどうもありがとうございます!
「涙が出た」と言ってくださる方も多くて、
「どうしてそんなに皆、優しいの?」と感謝の気持ちでいっぱいです。

実は、私は全然、感激の涙を流してないんです。。。
どんな気持ちかは後まわしにして、
まず、昨日のクリニックのことを振り返ってみます。


デュファストンのせいなのか、
眠くて眠くて
電車を4駅くらい乗り過ごして、
まったく緊張感のなかった私。
8時にクリニックに着きました。

いつものように採血をして、
いつものように結果を待ちました。
3Fで待っている間は全然緊張とかしていなくて、
「待合室が寒い」ばかり考えていました。

正直なところ、期待もちょっとはしていました。
ハットちゃんはいびつな卵ながら、
50%の確率の胚盤胞にまで育ち、
アシストハッチングのときに破れてしまう可能性もあったのに、
それも乗り越えた強運の卵だからです。
移植日に言われた、年齢からの着床率である60%くらいも
クリアーしてしまうかもしれないなあと。

でも、ダメだったときのこともちゃんと考えていて、
一回でうまくいくはずがないから、
ダメだったとしてもそんなにショックは受けないだろうなあと。

まあ、そんな気持ちが半々でした。

でも、4Fに呼ばれて処置室に声をかけてからの時間が長くて、
緊張感で死にそうでした。
「きっと残念な結果をお知らせするのが嫌で、
私の順番は後回しになっているに違いない」とか考えたりしました。
しばらく待ってから、私の番号が呼ばれ(院長先生でした!)、
あまりドキドキはしませんでしたが、
緊張でカチカチになったまま診察室に入りました。

なのに、先生はいつまでも他の人のカルテをじーっと見ていました。。。
そして、「これ、内診にまわして」と、
独り言のように看護婦さんに指示を出し、
やっと私のカルテを見てくれました。
ううーー。。。もったいぶるな~。

先生がカルテを広げたとたん、
私も素早く血液検査の紙に目を走らせました。
「うわ、β-HCGに0じゃない数値がある!」

「はい、ひなたさん、ひなたさんね。
えーっと、いつ移植したんだっけ? あ、7日前ね。
胚盤胞移植から7日後にHCGがこの数値だと、
過去のデータから言って、過去のデータから言って、
出産までいく可能性は80%で、
流産してしまう可能性は20%くらい。
だけど、これは38歳の人のデータだから、
それより年齢の若い人は出産率に+α、流産率に-αね。
でも、出産率90%は超えないから」

ここまで全然、「陽性です」とか、
「着床しています」とか、
「いちおう妊娠です」とか、
そんな言葉は一切なしです。。。
HCGの値とは何かを知っていることを前提としたこの話ぶり。
さすが院長です(笑)。

でも、私もめったにないほど緊張していて、
「着床してるってことですよね?」とかも聞けず、
ただ「はい、はい」と答えていました。
嬉しいとか、やったーとかの感慨もなく、
ただただ、カチカチしていました。

「薬はマーベロンは中止、
デュファストンとエストレースは継続。
今日からPデポという注射受けてね。
じゃあ、26日に来てね」
これで診察終わりです。
「陽性」という言葉は最後まで聞けませんでした。
私も相変わらず、「はい、はい」でした。

血液検査の結果です。
 E2:169
 P4:0.6
 FSH:0.7
 β-HCG:49.1



処置室で注射を打ってもらっているときに、
看護婦さんに「体温が全然高温期じゃないんです」と言うと、
「そうなんですか?
でも薬も飲んでいるし、大丈夫ですよ」と
言ってもらえました。
よく考えてみると、先生に言い忘れたりしたことって
いつも処置室で看護婦さんに会うと思い出すなあ。

さて、会計待ちをしているとき、
「私は陽性だったってことなんだよね?」と、
自分でも全然信じていないから、
ホルモン値の紙を見ながらぼやーっと考えてました。
ダンナに「陽性だったよ」とメールするときに、
とりあえずブイサインをつけてみました、
それでやっと、「これって嬉しいことなんだよなあ」と
ちょっと思えました。


昨日の記事を書いたのは、職場に向かう電車の中。
でも、なんていうか、
「だまされている」という感じが消えません。
ドッキリカメラかなんかで、
喜んでいる私をどこかでコッソリ見ているかもしれないから、
だまされちゃいけない、
警戒を解いちゃいけない、
みたいな感じです。

だから、「震えています」と書いたのは、
ごめんなさい、「喜びに」ではなく、
「緊張感と怖さに」ということなんです。
「怖い」というのは、子宮外妊娠とか、流産とか、
そういう具体的なことではなく、
全部嘘だったということが発覚しそうで怖いということです。
それくらい現実感がありません。

こんなふうに一回の体外受精で陽性判定が出るなんて、
なんか変な気がします。
3回くらいやって、たくさん落ち込んで、
涙もいっぱい流す覚悟をしていました。
まだまだ苦しい思いや不安な気持ちを味わってもいないのに、
全然努力とかも足りていないのに、
陽性判定なんて出るはずがない、
そんな気がしてしまいます。

だから、皆、なんでそんなに優しく、
「おめでとう!」ってコメントして、
喜んでくれるのかなあって。
本当に皆、どうしてそんなに優しいんですか?
あ、皆の優しい気持ちを思ったら、
書きながら、やっと涙が出てきました。
本当に皆さん、ありがとうございます!!
いくら感謝してもしたりないくらいです。

自分の中にハットちゃんがいるなんて、
全然信じられない気持ちだけれど、
そして、まだまだ安心もできないけれど、
とりあえず、無理をしないようにして、
ハットちゃんの強運をこれからも信じていこうと思っています。

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

判定
先ほどクリニックに行きました。
結果は。。。

なんと陽性でした。
なんだか震えています。

とりあえず今日は仕事が忙しいので、
心を落ち着けてがんばらなきゃ!
うーん。。。
皆さん、こんにちは。

最近、仕事がバタバタしているので、
あまり考え込まなくてすんでいます。
しかし。。。

今日の基礎体温、36.4
妊娠しているとは全く考えられません。。。

実は夢クリニックに行くようになってから、
ホルモン値を毎回測ったりしているし、
前の周期は採卵しちゃって、お腹に卵ないのがわかってたし、
今回の周期もホルモン調整で排卵しないことがわかっていたので、
全然、基礎体温を測っていなかったんです。
それに、測っていると、リラックスできないし。

なのに、移植日にもらった紙に
基礎体温測っていること前提みたいなことが書かれていて、
「やっぱり測らなきゃダメなんだ。。。」とがっくりしました。

それで、測り始めたんですが、
移植日の次の日から、

36.4
36.65
36.65
36.65
36.4

です。

朝昼晩とデュファストンを飲んで
黄体ホルモンを補充しているのに、
この体温ってありえなくないですか?
高温期のライン、36.7にも達していません。

移植日までの体温と比較しようがないのですが、
移植日に先生に
「このホルモン値で移植に問題ありませんか?」
と聞いたら、
「問題ありません」
って言ってたから、P4の値も問題ないと思っていたのに。。。

まあ、そんなこんなで
あまり期待が持てない状態です。
忙しく過ごしているうちに
通院日の21日になりそうなので、
あまり考えずに、バタバタと仕事しようと思います。

テーマ:不妊症 - ジャンル:心と身体

反省中
連休ですが、着床を信じて、
のんびりのんびりすごしています。
もう、お腹の中では決着がついているんですよねー。
体調の変化も何もないし、
うーん。。。

さて、今、反省していることが二つほど。

ひとつは移植日前のダンナとのケンカ
ダンナは、その日一日中、
「明日はひなたの移植日だなあ」と考えて、
ずっとドキドキしていたんだそうです。
さらに、
「明日、仕事が終わったら、迎えにいってあげたほうが
いいのかなあ」
とか考えていたのに、私が、
「明日、移植が終わったら、友達と料理教室に行くから」
と行ったので、ちょっとがっくりし、
そのうえ、
「あ、薬、飲み間違えちゃった。
まあ、がんばって飲んでて間違えたんだから、仕方ないか。
過ぎたことをクヨクヨしても仕方ないよね」
と言ったので、とても悲しくなってしまったそうです。

「僕はひなたにベストな状態で移植してもらいたいと思っているのに。
『過ぎたことにアレコレ言わないで。うるさい』って何?
僕の気持ちを踏みにじった~。
だいたいね、過ぎたことをクヨクヨ後悔しないのはいいけど、
反省をしないから、同じ失敗をするんだよ。
ちょっとは反省しなさい」
と泣きそうな感じに言われました。
ハイ、おっしゃる通りです。

ダンナが協力してくれないとか、
そういう文句を言ったこともあったんだから、
協力的になったら、ウザイとか、
そんなことは言ってはいけません。。。

今回、移植して、私よりもダンナのほうが
すごくドキドキしているみたいで、
「ダメだったら、ショック?」と聞くと、
「すごくショックかもしれない。。。」と言ってました。
まあ、「ハットちゃん」と名づけたのもダンナだし、
愛着がひとしおなのかもしれません。

判定日には、どちらの結果が出ても
夫婦で一緒の気持ちを感じられるといいな。


もうひとつの反省は。。。

以前、赤ちゃん待ちをしている人達のブログを読んで、
もちろん、不妊のつらさとか、そういうのには共感しましたが、
赤ちゃんのことを「ベビちゃん」とか「天使ちゃん」とか、
書いてあるのを見て、頭がクラクラしていました。
普通に「赤ちゃん」って書けばいいじゃん!
そういうのが苦手っていうのは、30歳を超えているからでしょうか?
旦那さんのことを「ダーリン」とか「ダー」とか
書いているのも苦手です。

でも、
自分が採卵したら、受精卵に「ハットちゃん」なんていう名前をつけ、
さらには他の人の受精卵にまで名前をつけている。。。
はっ! 私も同じじゃん。。。

受精して、がんばって成長を続ける受精卵、
その時点で自分にとっては子供の命なんですよね。
がんばれ、がんばれってエールを送るとき、
やっぱり名前があるほうが愛着がわいて、
本当に大事で育ってほしいなあって思えるんです。

だから、今までの自分を反省します。
反省!

テーマ:不妊症 - ジャンル:心と身体

ダンナの変化
以前の治療②で、
ダンナがAIHを拒むと書いておきながら、
その後の話は全然書かずにいました。
いつからダンナがAIHや体外受精にも協力的になったのか?
それはこの本を読んだから。

沢口さんちの不妊治療な日々 沢口さんちの不妊治療な日々
沢口 永美 (2006/05)
主婦の友社

この商品の詳細を見る


アマゾンのレビューで
「旦那さんに不妊治療を理解してもらうのに最適」とあったので、
古い版のほうの本をユーズドで買いました。

読んでみたら、治療している人の気持ちの浮き沈みを
気取らずにかわいくマンガで書いているので、
読んでいて2度くらい泣いてしまいました。
初版が99年くらいで、ちょっと古いので、
治療法なども今とくらべるとちょっと古いかな。
なにしろ、この世界の進歩の速さはすごいですからね。

さて、不妊関係の本を読ませようとしていても
さりげなく拒否していたダンナですが、
この本はマンガなので、読む気になったようです。

筆者が流産してしまうシーンでは、
ダンナの瞳もうるうるしていました。
読みながら、「ねえ、体外受精って何?」とか、
わからないことを質問してきたので、
私のわかる範囲でいろいろと答えました。

読み終わったとき、
「わかった。
歳をとってしまったとき、後悔するのは嫌だから、
できるだけのことはしよう。」
と言ってくれました。
「でも、治療にがんばるだけで、
夫婦としての思い出が何もないのは嫌だ」とも。

治療していても、していなくても、
二人が仲良く楽しく過ごしていくこと。
当たり前だけど、見失ってしまいそうなことを
ダンナはいつも気づかせてくれます。

この本の中にある川柳で気に入っているもの。
「鎹(かすがい)がなくてもごめんラブラブで」

いつまでも、ダンナとはラブラブで、
さらに欲張って、赤ちゃんが来てくれる日を
待っていようと思います。

テーマ:不妊症 - ジャンル:心と身体

移植してきました
D18

無事に移植してきました。
下の記事で書いたように、
ハットちゃんが融解時に破れてしまうかもと、
聞いた時にはとてもショックでしたが、
ちゃんと移植できました。
ご心配をおかけしました。

さて、今日一日を振り返ってみたいと思います。

8:20 来院
受付機を通さず、直接3F受付で受付をしました。

8:45 採血

9:45 診察
採血の結果を渡されて、本日移植することを伝えられました。
採血の結果は、E2が211、P4が0.4 FSHが1.8でした。
ちゃんと、マーベロンを間違えたことも告白しましたよ。
単に「ちょっと多めに出してるから、大丈夫」と言われただけで、
叱られませんでした。

受精卵の凍結時の写真を見せてもらいましたが、
やっぱり楕円形で透明帯もちょっといびつ。
サンプルのきれいな胚盤胞の写真も見せてもらいました。
そちらは真ん円で、細胞もきれいな感じでした。

先生に、
「透明帯がちょっと楕円だから、これを除去します。
でも、ちょっと周りの細胞が薄いところがあるから、
こういう卵だと、融解するときの水の出入りで
破れてしまう可能性がある」
と言われて、ショックを受けました。
だって、やっと移植できると思ったのに。。。
凍結しちゃったら問題ないのかと思っていたよ!
「今日、移植できるか、まだわからないんだ。。。」と、
ちょっと落ち込んで診察室を後にしました。

9:50 処置室
看護婦さんから、スケジュールの説明を受けました。
11:00過ぎたら、食べ物禁止、
12:00過ぎたら、飲み物禁止だとのこと。
12:30に培養士さんから説明があるので、
それまでに戻って来るように言われました。

3階受付に声をかけて外に出ました。
あ、このとき、本当は13万円を払わなきゃいけないんですが、
持ち合わせていなかったので、
近くのコンビニでおろして、午後に払うことにしました。

休み時間はケータイでコメントのお返事を書いたり、
こちらに記事をアップしたり、
本屋で立ち読みしたりして過ごしました。
ハットちゃんのことが心配ではありましたが、
培養士さんの腕とハットちゃんの生命力を
信じるしかなかったので、
あまり気にしないようにして待ちました。

12:30 問診室
受付で13万円をお支払いした後、
問診室に呼ばれました。
この部屋は心拍確認できた人が通されるという
噂を聞いていたのですが、
どうやら診察室以外での説明用に使われるみたいですね。

融解後の卵、
透明帯除去後の卵の写真を見せてもらいました。
破れることなく除去できたということで、
「さすが夢クリニックの培養士さん!」と思いました。
ただ、融解するとちょっと縮むようで、
ちゃんと元の大きさになるかは、
移植ぎりぎりまでわからないと言われました。
うーん、まだドキドキ。

12:50 5Fリラックスルーム
着替えて待つように言われました。
採卵のときと違い、2回目なので、
特に問題もなく、着替えて横になって待ちました。

13:30 移植
例によって氏名、生年月日の確認を何度もして、
横になって台に固定されました。
先生は採卵のときと同じく、S先生でした。

「右のモニターに受精卵が、
左のモニターに超音波の画像が映ります」と言われ、
ずっと超音波の方ばかりを見ていたら、
看護婦さんに「右を見ていましょう」と言われました。
「受精卵が管に吸い込まれて行きますよ」と言われて見ていると、
本当に近づいた管にゆっくりとハットちゃんが吸い込まれて行きました!

「今度は左の超音波の方を見てください」と言われ、
見ていると、管の先が子宮の奥の方に進んで行って、
白く小さい物をピッと置いて行きました。
うわー!
これが、移植されたハットちゃんか!
ちょっと感激しました。
看護婦さんがその画面をプリントしてくれました。

「はい、終わりです」と言われてオペ室の外に出ました。
本当にあっと言う間に終わりました。
痛いことも全然ありませんでした。

着替えると、すぐに5Fから出ます。
特に休憩する時間はありません。
看護婦さんから、受精卵の写真と
移植した瞬間の写真をもらいました。
あ、そうそう、グレードは3でしたよ。
まあ、円形じゃなかったし、仕方ないかな。
今日はこれで終了です。

14:30 会計
受付で精算してもらったら、
お金が足りなくて、
またコンビニに走りました。。。


一日の流れはこんな感じでした。
薬も出されました。
エストレース、デュファストン、マーベロンを継続します。
ハナさんから前もって聞いていたけれど、
薬漬けの日々(って書くとなんだかスゴイね)は
当分続きそうです。

一回目の判定日は移植後7日目の21日になります。
この日もそれ以後も、
やっぱり午前中に行かなきゃいけないみたいです。
勤め人には大変だなあ。

とりあえず一週間後までは
ハットちゃんとの日々をのんびりしようと思っています。
ちょうど連休だしね。
皆さんも良い連休をお過ごしくださいね。

テーマ:不妊症 - ジャンル:心と身体

無事移植終了
なんとか無事にハットちゃんを移植できました!
詳細は後程。
ハットちゃん危うし!
今、移植待ちの休み時間です。
採血の結果はOKだったんですが、
ちょっとショックなことを言われました。
それは、凍結卵の細胞が薄くて、融解時に破れてしまう可能性があるということ。
ここまで来たのに。

でも、もう私にできることはありません。
培養士さんの腕とハットちゃんの生命力を信じて待ってみます。
がんばれ、ハットちゃん!
またまた
またまた、薬を飲み間違えたみたいです。
いつ、どういう風に間違えたのかわからないんですが、
今日、木曜日の時点で金曜日のマーベロンが飲み終わっているのは
これいかに?
明日、移植予定だというのに、
どうなるんでしょう?
さっき、ダンナに話したら、
あれこれしつこく言うから、ケンカ中。
言い訳
最近、「ちょっと太った?」って聞かれることが多くなりました。
ドキッ!
確かに結婚前と比べると2.5キロくらい太りました。
ズボンもパツンパツンです。。。

結婚前は週に2回スポーツクラブに行っていたし、
ダンスとかもしていたから、
筋肉もあって少しは引き締まっていたんですよね。
それが、結婚してすっかり止めちゃって、
太るのは当然です。

本当はね、スポーツクラブも行きたいんです。
でも、今から会員になって、すぐ、妊娠したら、なんかもったいないし、
高温期は運動を控えたい。
そんなこんなで、ぽっちゃりへの道をまっしぐらです。

これで、妊娠できなくて、残るのはオバサン化した私だけだったら、どうしよう?
薬飲み忘れちゃった。。。
D14です。
今朝も病院に行って来ました。

本当は朝、6時40分のバスに乗って
8時前に病院に着くつもりだったんですが、
寝坊してしまい、
会社に行くのとあまり変わらない時間になってしまいました。
でも、受付番号を引くと、
この前朝早く行ったときとほとんど同じ番号。
やっぱり混んでいるときと
そうでないときがありますね。

今日は内診はしなくていい日みたいで、
血液検査をして、結果を待って
診察して終わりでした。


ところで。。。
私、金曜日と土曜日に薬を飲み間違いしちゃったんです。
7日の金曜日の夜11時、
そこからデュファストンが2錠ずつスタートだったんですが、
間違えて1錠だけ飲みました。

そして、土曜日の朝7時、
エストレース1錠とデュファストン2錠を
飲まなければいけなかったのに、
寝ぼけてエストレースだけ飲んで、
また寝てしまいました。
午後3時にデュファストンを飲むときに
「あ、これ2錠ずつだ!
しかも、朝7時にも飲まなきゃいけなかった!」と
気付きました。。。

今日、診察が終わって、
処置室で看護婦さんに薬の確認をしてもらうときに、
「この日、飲み間違えちゃって。。。」と言うと、
ちょうど処置室に入ってきた先生に
「まあ、たぶんそのくらいやったら、
大丈夫と思うんやけどね、
デュファストンを1日遅れてスタートすると、
明らかに妊娠率が下がるんよ。
半日遅れやから、それがどう出るかね。
このスケジュールは絶対やから、
絶対間違いが許されないんよ」と
言われてしまいました。。。

「今日の血液検査でチェックして
そんなに問題なければ、あまり関係ないよね」と
簡単に思っていたけれど、甘かったようです。
ううー。。。
これでチャンスを棒に振ってたら、
泣くに泣けない感じがします。


移植はD18の14日の血液検査で問題がなければ、
そのままその日になるそうです。
一日がかりになるので、その日は空けておくように言われました。
休暇取っておいて良かった。
その日の血液検査や内診で問題なければいいけど。。。

ああ、そうだ。
今日からエストレースとデュファストンに加え、
昼食後30分以内にマーベロンが加わりました。
だんだん、ごちゃごちゃになってきました。
飲み忘れないように本当に気をつけなきゃ。

皆さんも薬は絶対に飲み忘れないようにしてくださいね!

テーマ:不妊症 - ジャンル:心と身体

内膜ばっちり
10日目

夢クリニックに行って来ました。

なるべく会社に遅刻する時間を短くしたかったので、
早く行って7時20分にはクリニックに着きました。
でも、受付機は動いていなくって、結局8時に受付をしました。
確か、この前に朝早く着たときは7時半くらいから
受付機が動いていたような気がするんだけれど、
気のせいかな。

採血をして、待って、内診。
いつもの流れです。

内診室で足を開いて待っていると。。。
全然先生が来ない!!
だんだん内腿がつらくなってきたので、
勝手に足を閉じて、一つの足掛けに両足をのせちゃいました。
看護婦さんがやってきて、
「すみません。もう少しお待ちいただくので、
横を向いて楽な姿勢になっていてください」
と言ってくれたので、助かりました。

先生もちゃんと来て内診。
「お、内膜はきれいだね。厚さも問題ないね」
と言ってもらえました!!
心の中でピースサイン!

でも、続いて、卵巣を見ながら、
「あれ、これは内膜症だね。それに、多嚢胞だね」
と何度も先生に言われたことをまた言われました。
たくさんの患者さんを見ているから、
覚えてなくたって仕方ないけど、
なんかがっくりと力が抜けました。
「はい、いつも先生に言われてますよね」と
さりげなく反抗してみましたが、
聞こえたのか、聞こえてないのか、
「はい、じゃあ、終わり」の声。

診察では、薬の説明と、10日に来ることを指示されました。
薬は引き続きエストレースを朝夜の7時に、
そして、デュファストンを朝7時、昼3時、夜中11時に
飲むことになりました。
大丈夫かなあ。飲み忘れないかなあ。
またケータイアラームに頼りましょう。

このまま順調に行けば、14日の移植になりそうです。
早速14日に休暇届けを出しました。
でも、これで延長になったりしたら、どうしよう。

テーマ:不妊症 - ジャンル:心と身体

人より早く。。。
こんにちは。
毎日、朝と夜、ケータイのアラームで気付き、
今のところかかさずにエストレースを飲んでいます。
でも、休日の7時起きはきつかった。。。

さて、先日の日記に友人の妊娠報告を聞いたと書きましたが。。。
また週末に、友人の出産報告と、他の友人の妊娠報告を聞きました。
買い物帰りにドーナッツを食べようと、
一人でミスドに入ったときに、
友達のネットの日記をチェックしたら、
妊娠したことを知りました。
正直、おめでとうという気持ちは全然わかず、
どよーんと暗くなり、ドーナッツの味もよくわからなくなりました。

他の方のブログでは、
「友達の妊娠報告を聞くと、
自分は妊娠できないかもと思い、泣いてしまう」
という記事を読むことがあります。
そういう方は、本当にとっても優しい方なんだなあと思います。
私は、とにかくものすごく悔しくて、
嫉妬の嵐が吹き荒れます。

私はぼやーっとしているので、
そうは見えないと言われるんですが、
本当はとっても負けず嫌いで、
いつも一番になりたくて仕方ないのです。
昔から勉強などは人に負けたくなかったから、
かなりがんばってました。
勉強は自分の努力と結果がすぐに結びついたから、
「がんばればどうにかなる」という成功法則みたいなのが
自分の中にできていました。
幸いに初カレや初体験が早かったことも、
優越感がもてて嬉しかったです。
そう、優しいカレシがいること自体より、
「カレシいるんだ」って大声で言えることが
嬉しさのうちの大きな割合を占めていたな。

なのに、
結婚はどんどん人に先を越されて、
悔しくて仕方なかったです。
努力だけじゃどうにもならないことにもがきまくりでした。
「結婚していない人にはわからないよ」とか言われると、
本当に腹立たしくて、自然に疎遠になりました。

やっと素敵なダンナと知り合って、
結婚したけれど、友達はすでに皆、一児の母。
一緒の時期に結婚した友達の中でも出遅れて、
私が最後になるのかなあという感じ。

ずっと勝ち負けにこだわって、
わりと挫折を知らずに20代前半まで来たけれど、
そこから他の人より遅れ気味になりました。
そうやって悔しい思いをしてきて、やっと、
今までの私ってすごくイヤミなヤツだったんだろうなあって
反省できるようになりました。

この、「他の人より早く○○したい」という気持ち、
なんかとても嫌な気持ちだなあと思います。
これから解放されれば、本当に楽になれるのになあって思います。
人より早くとか遅くとかにこだわっている私って
本当にひねくれていて性格悪いなあって。

不妊でずっと長い間、努力している方ってたくさんいらっしゃいます。
私の考え方はそういう方にも失礼ですよね。
誰かに負けた、勝ったとかじゃなく、
シンプルに「赤ちゃん欲しいな」だけに悩むことができるように、
そして、他の人の幸せにも悲しみにも
ちゃんと自分のことのように感じられるように、
強くて優しい心になりたいです。
customize by カールアニキ Material by 自然いっぱいの素材集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。