ひなたのみらい
新橋夢クリニックで不妊治療をして、妊娠、出産しました。応援してくださった皆さん、ありがとうございました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妹がみなとみらい夢クリニックを卒業
皆さん、お久しぶりです。
出産の記事には多数のコメントをどうもありがとうございます。
お返事しないまま、だいぶ経ってしまって、大変申し訳ありません。
でも、皆さんから祝福いただいて、本当に感謝しています。
とっても嬉しかったです。ありがとう。
皆さんからのコメントは、育児にちょっと疲れたとき、
読むとすごく勇気がわいてきます。

夢クリニックにブルーレターを出したら、
スタッフの皆さんから、祝福カードが届きました。
嬉しかったので、出産報告はがきを送ってしまいました。
個人的な知り合いじゃないから、ちょっと迷惑だったかな?
スタッフの皆さんが
「おおー! 私達のがんばりの結果だ」と
善意に受け取ってくださるといいのですが。

この間、夢クリニックの仲間のいいニュースもいくつか聞けて、
本当に嬉しいなあと思っています。
皆、すごーくがんばっていたもんね。
そして、今、がんばっている皆さんにも
春はもう、すぐそこまで来ていると信じています。



先日、うちの妹が、みなとみらいの夢クリニックで、
2回目の移植で妊娠しました。
でも、私と同じく切迫流産で、現在安静中です。

みなとみらい夢クリニックでは
新橋であれほど耳にタコができるくらい聞かされる
「胎嚢確認したら安静!」は言われなかったらしいのですが、
私が、「うちの家系は切迫流産になりやすいんだから、
実家に帰って安静にしていなさい!」と言ったため、
実家に帰ってのんびりしているときに出血したそうです。

妹が出血したと聞いたときには、私もものすごくショックで、
母と電話で話した後、しばらく号泣してしまいました。

ところで、横浜は産院がすごく少ないのか、
6週の終わりで近所の病院に予約を入れてギリギリだったそうです。
卒業してからのんびりと産院に初診に行った私とは大違いですね。
いや、でも、6週って治療していない人だったら、
妊娠に気づくか気づかないかくらいじゃない?

でも、予約を入れていたおかげで妹は出血したときに
出産予定の病院に入院することができました。
本当に良かったと思います。
張り止めとか、出血を抑える薬とか、点滴してもらえたからです。
その病院と夢クリニックで連絡して、
プロゲ注射なども打ってもらえたそうです。

その病院ももう退院して、夢クリニックも卒業して、
現在は実家で安静にしています。

妹は8月7日に移植した卵ということで、
「ハナちゃん」と呼んでいます。
うちの旦那に言ったら、「男の子だったらヤシチだね」と言ってました。
まあ、どちらにしろ、そういう感覚が
私も妹も旦那もよく似ています。
私もときどき、赤ちゃんに
「あんた、ハットちゃんって呼ばれてたことがあるんだよ」と
言ったりしています。

妹には無事に出産してほしいなあと切に祈っています。
そして、今、赤ちゃん待ちの皆さんにも、妊娠中の皆さんにも、
無事に出産できるよう、お祈り申し上げます。
スポンサーサイト
産まれました
本日、5月26日、すごい難産でしたが、無事に出産しました。3150gの女の子です。
難産だったのは赤ちゃんの旋回異常のため。私の骨盤も小さかったらしく、子宮口9センチが5時間続き、胎児徐脈、遷延分娩になり、吸引、鉗子分娩の末、やっと出て来ました。
赤ちゃんはちょっと酸欠になっちゃって保育器に入ってしまいましたが、今は元気だそうです。
産まれてすぐに保育器に入ってしまったので、私もまだあまり見てないのです。先ほど、入院の部屋に帰るときに保育器を見ましたが、向こうを向いてました。(泣)
陣痛中は辛くて、もう嫌!と何度も弱音をはいちゃったけど、応援してくださった皆さんのことを考えて、頑張らねば!と思いました。
どうもありがとうございました。
ピンクレター
お久しぶりです。

早いものでもう7ヶ月に入りました。
経過は順調です。
お腹も目立つほどは大きくないので、
妊娠中だということを忘れてしまうくらいです。

3月末まで仕事をして、
退職することに決めました。
最近まで仕事も忙しかったので、
それも「妊婦」ということを忘れてしまう原因なんでしょうね。
でも、無理はしていません。

先日、夢クリニックに妊娠経過を
ピンクレターで送りました。

夢クリニックの診察券、
私は700番台なんですが、
最近初診の方はどのくらいの番号がついているんでしょうね。
先生も相変わらずお忙しいんでしょうね。

そうそう、確定申告の医療費の計算、
私もやってみました。
2007年の医療費は97万円でした。
そんなにかかっていないつもりでも、
毎回支払っている診察代ってけっこうになっていたんですね。

皆さんのブログにはコメントは残していないけれど、
ケータイでちょこちょこチェックして、
元気や勇気をもらっています。
本当にいつも応援しています。
皆さんの願いが必ず叶うと信じています。

だんだん、ちょっとずつ暖かくなってきている気がします。
今月、移植の皆さんが多いようですが、
お身体に気をつけて、移植に臨んでくださいね。
ご挨拶
ひなたです。
いつも私のブログにいらしてくださってありがとうございます。

突然ですが、夢クリニックの卒業を機に、
このブログを終了したいと思います。


「赤ちゃんが欲しい」と思い始めてから、
その思いを友達には言えずに悶々としていました。
「不妊」というキーワードであちこちのブログを見てまわり、
そのうちに素敵だなあと思うブログに少しずつコメントをしたりするようになりました。

素敵だなあと思ったブログで知り合った方のうち、
お一人は8月に無事に出産しました。
お一人は先日、陽性判定が出ました。
お二人ともとても優しい人で、
友達の妊娠報告に悔しい思いをしたりしても、
そういう自分を責めて反省して、その分また優しくなる、
そんな方達でした。
このお二人の陽性判定、私はどちらも泣きました。
自分の陽性判定のときは泣かなかったのに、
優しくて素敵な友達の報告には泣いてしまうんですよね。


私が夢クリニックの説明会に行ったとき、
まだ「夢クリニック通院」のブログを書いている方はいなくて、
だったら、自分で書いてみようと思って書きはじめました。
書いているうちに皆さんと知り合って、
いろいろな情報を交換できるようになりました。

私はこうやってブログを書いてみると気づきますが、
自分の感情を素直に書くのがあまり上手じゃありません。
自分の「意見」は書けるのですが、
自分の気持ちを書こうとすると、どこかに客観的な自分がいて、
悲しみや嬉しさの渦中にいても、
書くときになると、それが素直な文章にはなりません。
そのため、なんだかすごく小論文みたいな記事ばかりになってしまいました。
素直に気持ちを綴っていらっしゃるブログやコメントを見ると、
すごいなあって思います。
いつもコメントのレスに愛想がなくてごめんなさい。

また、情報をあまり細かく調べたりとかしていないので、
夢クリニックの情報ブログとしても、あまり役立たないブログになりました。


私はやたらと「勝ち」とか「負け」にこだわる人間です。
他の人が先に妊娠したと聞けば、「負けた!」と思い、
悔しさにヒステリックになる人間です。
他人の妊娠報告に冷静でいられないのは、
不妊治療している人は皆同じと言うけれど、
私の場合、「彼女に比べて、なぜ私は妊娠できないのかしら?」
ということに泣くんじゃないんですよ。
勝ったとか負けたとか、そういうことで悔しがっていたんです。

私が今回、本当に運がよく、
夢クリニックで一度目の自然周期で陽性判定をいただきました。
努力というほどのこともせず、
本当に「運が良かっただけ」だと思っています。
でも、こんな私の陽性判定を、
私よりもずっと治療歴の長い皆さんが、
「感動して涙が出ました。
ひなたさんは私の希望です」と言ってくださったこと。
どうしてそんなに優しい言葉が出るんでしょう。
私は自分のバカさ加減が身にしみて、情けなくて涙が出ました。
今までの私だったら、今回の私のようなタナボタ妊娠報告には
優しく対応してあげることができません。

ブログを通じて知り合った皆さんが、
素敵な方ばかりで本当に良かった。
私は皆さんから、優しい気持ちをあげることを学びました。
他の人の喜びを自分の喜びに感じられること、
自分が辛いときにはそれは難しいことだけれど、
難しいことができること、
それが本当に価値のあることだと思います。
そういう気持ちをたくさんいただけたこと、
自分が不妊症なことも、そうそう悪いことばかりじゃなかったと思います。
どうもありがとうございます。


「妊娠菌」という言葉、
あまり好きではありません。
ですが、妊娠した人の周りで妊娠が多いというのは
どうやら本当のことのようです。
私の周りの心優しい人達が妊娠できるなら、
私は本当に心から祈りたい。
ブログを通じて知り合った皆さんが、
夢クリニックですれ違っているかもしれない皆さんが、
いつかきっとその手に赤ちゃんが抱けるように。


こうやって妊娠しても、出産するまでは治療が続いているという考え方もあると思いますが、
私はこのブログでこの後の妊娠経過を書いていく気にはなれません。
あくまでもこちらは「夢クリニック通院記」としたいと思います。

ですが、もし許してくださるのなら、
皆さんのブログには今後もコメントさせていただきたいなと思っています。
そして、夢クリニックのブルーレターと同じく、
もし、無事に出産したら、その報告だけ、こちらでさせてください。

長くてまとまりのない文章になりました。
ブログを通じて皆さんと出会えて幸せです。
どうか、皆さんが無事にその手に赤ちゃんを抱けますよう、
心からお祈り申し上げます。
顕微受精と裏口入学
期待しすぎちゃいけないと思いつつ、
妊娠生活ってどんなだろうと妄想し始めています。
でも、相変わらず、体調の変化は何もなく、
やっぱり嘘に違いないという気持ちもあります。
まだ「妊娠した」とは全然思えません。
体調はあえていえば、
眠くてしょうがないということでしょうか。
電車もよく乗り過ごしています。
でも、ただの睡眠不足かもしれないし、よくわかりません。
まあ、幸いに出血はなく、
ときどき生理の前の日みたいな茶色のおりものが出るくらいです。

さて、今日は顕微受精について書きたいと思います。

まず、世界初の体外受精ベビーのルイーズちゃんが生まれたのが、
78年のことです。
最近、彼女が自然妊娠で出産したことが
話題になりましたね。
ルイーズちゃんはうちの妹と同い年。
そうすると、母の世代がどんなに不妊に苦しんでいても、
一般人が簡単にできる治療じゃありませんでした。

さらに、世界初の顕微受精ベビーが生まれたのは92年の4月です。
まだ十数年しか経っていません。
私は高校生で、「性」を意識した辺りの頃です。
それが、子供を産む歳になったときには
「ありふれた治療」になっていること、
この世界の技術の進歩って本当にすごいなあと思います。

顕微受精の場合、
活きのいい精子が一匹いれば、
顕微鏡で見ながら、直接卵子に注入して受精させます。
これにより、男性不妊はほとんどなくなったと言えますね。

私の場合、精子の数等には問題がなかったのですが、
採卵の時間が若干早く、
卵の周りのコロナみたいな細胞と卵の間のすき間が
まだあまりできていなかったため、
念のために顕微受精ということになりました。
成熟卵の場合は卵と周りの細胞の間に
けっこうすき間ができるそうです。
そういう事情だからか、自然採卵周期の請求書には
顕微受精代の5万円は含まれていませんでした。

自らも不妊治療をした産婦人科の田口早桐さんは
やっぱり子どもがほしい!―産婦人科医の不妊治療体験記 やっぱり子どもがほしい!―産婦人科医の不妊治療体験記
田口 早桐 (2006/06)
集英社インターナショナル

この商品の詳細を見る

この本の中で、
なるべく活きのいい一匹をガラスの針で取る作業を
「金魚すくいに似ている」と書いています。

ところで、
普通に受精する場合、精子たちは過酷な競争を勝ち抜いて、
一匹だけがゴールに到達しますよね。
そうすると、その一匹は、言わば受験戦争を勝ち抜いて合格した、
エリート中のエリートということになります。
でも、顕微受精の場合はそういう競争などはなく、
偶然に選ばれた一匹です。
まるで、裏口入学で入学した学生みたいですよね。
そうすると、もしかして精子の質の違いとか、
そういうこともあるんじゃないかなあと思うんですが、
皆さんはどう思いますか?

友人に話したら、
「でも、それは何千万の中から選ばれた、
ものすごく運の強い精子だってことじゃん」
と言っていました。
まあ、そういう考え方もありますよね。
ハットちゃんもそういう強運の受精卵です。

あと、赤ちゃんの性別って
精子によって決まりますよね。
そうすると、熟練の培養士さんとかは
なんとなくだけど、精子を見ただけで
だいたいこういう形をしているのは男の子になる、とか、
そんなことがわかったりしないのかしら?
わかっているけれど、倫理的に問題があるから、
公表しないだけなのでは。。。とか。

かくして、私は
精子に「♂」や「♀」という旗をさしている光景とか、
精子が培養士さんに「僕を選んで」と賄賂を渡している光景などを
妄想して楽しんでおります。

テーマ:不妊 - ジャンル:結婚・家庭生活

科学的な態度
こんにちは。
実家に帰ってすごくのんびりしてきました。

もともとおしゃべりな私は、
ここぞとばかり母や妹、このブログを知っている友人に、
治療中のできごとをいっぱいしゃべってきました。
友人に「そんなデリケートな問題である不妊治療を
そんなに明るくしゃべる人、見たことないよ」
と言われました。
ははは。

でも、夢クリニックで治療していると
先生のクールさもかえって楽しいし、
電子顕微鏡の画像やエコーなど、
めったに経験できない経験で、
科学の進歩を実感できて、
それが、なんというか、知的好奇心を満足させるというか。。。
自分の卵子の写真とか、
自分の精子の動いている様子とか、
見たことある人がどれくらいいるでしょう!

他の人に自慢げに話しまくれる内容ではないけれど、
信頼している人には珍しいネタとして、
話さずにはいられません。


ところで、
世の中に「これをやったら妊娠できました」というもの、
いろいろありますよね。
鍼、マッサージ、サプリメント、漢方、食品、運動、風水、
などなどなど。
これだけネットが発達している時代、
「不妊」、「赤ちゃんがほしい」などで検索すると、
本当にいろんなものが引っかかってきます。
不妊関連の本もいろいろ出ています。

それは本当に玉石混交で、
ある程度、経験的に根拠があるものもあるでしょうし、
どう考えてもこじつけにしか思えないものもあります。

不妊であるという状況に置かれると、
「これをして赤ちゃんができました」という情報に
わらでもすがる思いで、とびついてしまいますが、
残念なことに、
それで金儲けをしようとしている人達も大勢います。

私は陽性判定が出たこの周期、
本当に特別なことは何もしていません。
以前飲んでいたざくろジュースも漢方も
夢クリニックに通ってからすっぱりやめてしまいました。
一袋買った玄米もダンナに不評なので、
ほとんど食べていませんでした。
ジャンクフードやお菓子はけっこう食べてました。
鍼にだけは週に1度だけ通って、
体は冷やさないようには気をつけていました。

結局のところ、
本当に人それぞれなんだろうなと思います。
「高度な不妊治療をやめて、
子供をあきらめたら、奇跡的にできた」という人の話、
治療のストレスがなくなったことが
その人にとっていい結果を生んだのでしょう。
食べ物や運動に気をつけて、健康的になることこそ、
子供を授かることができると考える人もいるかもしれません。
また、反対に「種の原理」の考え方などから、
生命の危機的状況のほうが遺伝子的に
子孫を残そうとするのだと、運動や食べ物などに
あまり意味はないと考える人もいるかもしれません。
(まあ、その場合でも自ら進んで生命の危機になるのはやめましょう)

私は以前に紹介した「不妊治療はつらくない」を読んで、
加藤レディースクリニックの先生方の方針が
科学的であると感じ、自分でも納得していたので、
夢クリニックでは先生の言うとおりにしようと思いました。
でも、「高度な不妊治療が逆に赤ちゃんを遠ざけている」と
主張する本もありますし、
夢クリニックのやり方が合わない人だって
もちろんいるだろうと思っています。

こうやってブログに治療の記録を
詳細に(でもないけど。。。)残していますが、
この治療をオススメしているわけではありません。
もちろん、私は夢クリニックを信じているので、
ときどきベタ褒めしているときもあるでしょう。
私自身も自分が多嚢胞だとわかったとき、
「多嚢胞を乗り越えて妊娠した人」のブログをじっくり読んだり、
低体温を気にしていたときだって、
「低体温だけど妊娠していた人」のブログに希望を感じたりしました。
だから、そうだなあ。。。
「ああ、こういう人もいるんだなあ」と、
ちょっと希望を感じたり、共感したりして、
自分も明るい気持ちになる、くらいが
他の人のブログを読むときの態度として
ちょうどいいのかなあと思います。

こんなに情報が氾濫する社会だからこそ、
不妊であることがどんなに辛くても、
それが自分にとって本当に必要な情報であるかを
選択できるようになりたいものですね。


明日はいよいよ胎嚢確認、
ちゃんと子宮内に見えますように。

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

ダンナの変化
以前の治療②で、
ダンナがAIHを拒むと書いておきながら、
その後の話は全然書かずにいました。
いつからダンナがAIHや体外受精にも協力的になったのか?
それはこの本を読んだから。

沢口さんちの不妊治療な日々 沢口さんちの不妊治療な日々
沢口 永美 (2006/05)
主婦の友社

この商品の詳細を見る


アマゾンのレビューで
「旦那さんに不妊治療を理解してもらうのに最適」とあったので、
古い版のほうの本をユーズドで買いました。

読んでみたら、治療している人の気持ちの浮き沈みを
気取らずにかわいくマンガで書いているので、
読んでいて2度くらい泣いてしまいました。
初版が99年くらいで、ちょっと古いので、
治療法なども今とくらべるとちょっと古いかな。
なにしろ、この世界の進歩の速さはすごいですからね。

さて、不妊関係の本を読ませようとしていても
さりげなく拒否していたダンナですが、
この本はマンガなので、読む気になったようです。

筆者が流産してしまうシーンでは、
ダンナの瞳もうるうるしていました。
読みながら、「ねえ、体外受精って何?」とか、
わからないことを質問してきたので、
私のわかる範囲でいろいろと答えました。

読み終わったとき、
「わかった。
歳をとってしまったとき、後悔するのは嫌だから、
できるだけのことはしよう。」
と言ってくれました。
「でも、治療にがんばるだけで、
夫婦としての思い出が何もないのは嫌だ」とも。

治療していても、していなくても、
二人が仲良く楽しく過ごしていくこと。
当たり前だけど、見失ってしまいそうなことを
ダンナはいつも気づかせてくれます。

この本の中にある川柳で気に入っているもの。
「鎹(かすがい)がなくてもごめんラブラブで」

いつまでも、ダンナとはラブラブで、
さらに欲張って、赤ちゃんが来てくれる日を
待っていようと思います。

テーマ:不妊症 - ジャンル:心と身体

人より早く。。。
こんにちは。
毎日、朝と夜、ケータイのアラームで気付き、
今のところかかさずにエストレースを飲んでいます。
でも、休日の7時起きはきつかった。。。

さて、先日の日記に友人の妊娠報告を聞いたと書きましたが。。。
また週末に、友人の出産報告と、他の友人の妊娠報告を聞きました。
買い物帰りにドーナッツを食べようと、
一人でミスドに入ったときに、
友達のネットの日記をチェックしたら、
妊娠したことを知りました。
正直、おめでとうという気持ちは全然わかず、
どよーんと暗くなり、ドーナッツの味もよくわからなくなりました。

他の方のブログでは、
「友達の妊娠報告を聞くと、
自分は妊娠できないかもと思い、泣いてしまう」
という記事を読むことがあります。
そういう方は、本当にとっても優しい方なんだなあと思います。
私は、とにかくものすごく悔しくて、
嫉妬の嵐が吹き荒れます。

私はぼやーっとしているので、
そうは見えないと言われるんですが、
本当はとっても負けず嫌いで、
いつも一番になりたくて仕方ないのです。
昔から勉強などは人に負けたくなかったから、
かなりがんばってました。
勉強は自分の努力と結果がすぐに結びついたから、
「がんばればどうにかなる」という成功法則みたいなのが
自分の中にできていました。
幸いに初カレや初体験が早かったことも、
優越感がもてて嬉しかったです。
そう、優しいカレシがいること自体より、
「カレシいるんだ」って大声で言えることが
嬉しさのうちの大きな割合を占めていたな。

なのに、
結婚はどんどん人に先を越されて、
悔しくて仕方なかったです。
努力だけじゃどうにもならないことにもがきまくりでした。
「結婚していない人にはわからないよ」とか言われると、
本当に腹立たしくて、自然に疎遠になりました。

やっと素敵なダンナと知り合って、
結婚したけれど、友達はすでに皆、一児の母。
一緒の時期に結婚した友達の中でも出遅れて、
私が最後になるのかなあという感じ。

ずっと勝ち負けにこだわって、
わりと挫折を知らずに20代前半まで来たけれど、
そこから他の人より遅れ気味になりました。
そうやって悔しい思いをしてきて、やっと、
今までの私ってすごくイヤミなヤツだったんだろうなあって
反省できるようになりました。

この、「他の人より早く○○したい」という気持ち、
なんかとても嫌な気持ちだなあと思います。
これから解放されれば、本当に楽になれるのになあって思います。
人より早くとか遅くとかにこだわっている私って
本当にひねくれていて性格悪いなあって。

不妊でずっと長い間、努力している方ってたくさんいらっしゃいます。
私の考え方はそういう方にも失礼ですよね。
誰かに負けた、勝ったとかじゃなく、
シンプルに「赤ちゃん欲しいな」だけに悩むことができるように、
そして、他の人の幸せにも悲しみにも
ちゃんと自分のことのように感じられるように、
強くて優しい心になりたいです。
ヒトの繁殖力
さっき、がんばって記事を書いたのに、
キーボードを押し間違えて、消してしまいました。。。
気をとりなおして、もう一度。
はたしてあの名文(?)がもう一度書けるでしょうか?


これからときどき、
不妊関連の本などの話も書いていこうと思います。

今日は加藤レディースクリニックの院長先生が書いた
「不妊治療はつらくない」という本について。
こちらは夢クリニックの初診でもらえます。
私はちょうどその数日前にネットで注文していたので、
一冊はブログのお友達にあげました。
夢クリニックに通う予定の方は
買わないように注意してください。。。

さて、この本はとてもすごいです。
すごいと思うことはいくつかありますが、
今回お話しするのは「ヒト生殖」ということについて。

私達は誰だって、
できれば自然に妊娠したいと願っています。
本当は「気がついたら妊娠していたわ」というのが
理想です。
赤ちゃんが欲しいなと強く思っている人は
体温計とにらめっこして、
「今回はちょっと早かったかしら?」とか、
「今回は黄体ホルモンがちょっと足りなかったかな?」とか、
「身体が冷えているのかな?」とか、
あれこれ考えながら、サプリや薬を飲んだり注射を打ったりします。

でも、この本も、夢クリニックの説明会もズバリ言ってます。
「不妊でないカップル10組が
排卵期に交渉を持てば、
7~8組は必ず妊娠します。
それがヒト生殖です」と。

私は結婚してもうすぐ2年になります。
同時期に結婚した友人達はほとんど妊娠中です。
下の記事に書いた同期の友達も
私と同じ時期に結婚しています。
私より1年後に結婚したイトコの子供が
先日、産まれました。
詳しいことはもちろんわかりませんが、
たぶん、皆、病院は行っていないと思います。

だから、
結婚して2年くらいの間、
普通に仲良くしていたら妊娠する
それが事実なのでしょうね。

ましてや、
病院で卵胞の大きさをチェックしたり、
排卵検査薬で赤線が出てから、
3日間連続で仲良くしたりを、
3周期くらいやってみてできなかったら、
ちょっと自然妊娠は難しいのかもしれません。

この本の第1章では
「フーナーテストに問題がないのに
排卵期に交渉を持って妊娠しなければ、
原因がわからなくても不妊です」と
繰り返し言っています。

私は説明会でこの話を聞いて、
「じゃあ、うちらには無理じゃん。
さっさと体外受精に進もう!」と、
あっけらかんと決意しました。
まあ、私達はフーナーも良くなかったので、
自然に。。。の可能性はかなり低いですね。

それにしても、
不妊で悩んでいる身には信じがたいけれど、
ヒトの繁殖力ってけっこうすごいんですね。

私は残念ながら不妊組に入ってしまいましたが、
夢クリニックを信じて、
今周期もがんばります。

テーマ:不妊症 - ジャンル:心と身体

好きな人の子供
なぜ子供が欲しいのか、第3回目です。
今日はちょっとノロケちゃうわよ!(笑)

ダンナに出会ったばかりの頃、
本当にものすごーくときめいていた頃、
高校時代の写真を見せてもらいました。
今よりももうちょっとスマートで、
「うわー、超好み! 同じクラスならホレてた!」と思いました。
まあ、私のほうがダンナよりもいくつか年上なので、
その頃出会っても何も起こらなかっただろうけど。

それで、そのときに、
この人の赤ちゃんの頃、子供の頃、制服着ていた頃、
ずーっとずっと横で見ていたかったなあって、
絶対に無理なことだけど、
そう思いました。

そして、
だから、好きって思う人の子供が欲しくなるのかなあって、
思っただけじゃなく、ストレートな私は
口に出して言ってしまったんですよね。

そうしたら、
「それはさ、男性も同じだし、男性のほうは
『この人に自分の子供を産んで欲しい』
って思うんじゃない?」
と言ってくれました。
それが私だとまでは言ってくれなかったけど、
私はすっかり彼の子供を産む気マンマンになってました。
早すぎ!!

結婚式のプロフィールビデオで見た
ダンナの赤ちゃんの頃の写真、
むっちゃかわいかったです!


おととい、会社の同期で辞めちゃった子にメールしたら、
「来月、出産なので~」というメールが返ってきました。
ちょっとだけ凹んで、
「落ち込んでいるんだからなぐさめて~」と、
ダンナに頭をなでさせました(強制)。

こんなに優しくて大好きなダンナに
そっくりなかわいい赤ちゃんを
早くこの手に抱きたいです。

テーマ:不妊症 - ジャンル:心と身体

customize by カールアニキ Material by 自然いっぱいの素材集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。