ひなたのみらい
新橋夢クリニックで不妊治療をして、妊娠、出産しました。応援してくださった皆さん、ありがとうございました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妹がみなとみらい夢クリニックを卒業
皆さん、お久しぶりです。
出産の記事には多数のコメントをどうもありがとうございます。
お返事しないまま、だいぶ経ってしまって、大変申し訳ありません。
でも、皆さんから祝福いただいて、本当に感謝しています。
とっても嬉しかったです。ありがとう。
皆さんからのコメントは、育児にちょっと疲れたとき、
読むとすごく勇気がわいてきます。

夢クリニックにブルーレターを出したら、
スタッフの皆さんから、祝福カードが届きました。
嬉しかったので、出産報告はがきを送ってしまいました。
個人的な知り合いじゃないから、ちょっと迷惑だったかな?
スタッフの皆さんが
「おおー! 私達のがんばりの結果だ」と
善意に受け取ってくださるといいのですが。

この間、夢クリニックの仲間のいいニュースもいくつか聞けて、
本当に嬉しいなあと思っています。
皆、すごーくがんばっていたもんね。
そして、今、がんばっている皆さんにも
春はもう、すぐそこまで来ていると信じています。



先日、うちの妹が、みなとみらいの夢クリニックで、
2回目の移植で妊娠しました。
でも、私と同じく切迫流産で、現在安静中です。

みなとみらい夢クリニックでは
新橋であれほど耳にタコができるくらい聞かされる
「胎嚢確認したら安静!」は言われなかったらしいのですが、
私が、「うちの家系は切迫流産になりやすいんだから、
実家に帰って安静にしていなさい!」と言ったため、
実家に帰ってのんびりしているときに出血したそうです。

妹が出血したと聞いたときには、私もものすごくショックで、
母と電話で話した後、しばらく号泣してしまいました。

ところで、横浜は産院がすごく少ないのか、
6週の終わりで近所の病院に予約を入れてギリギリだったそうです。
卒業してからのんびりと産院に初診に行った私とは大違いですね。
いや、でも、6週って治療していない人だったら、
妊娠に気づくか気づかないかくらいじゃない?

でも、予約を入れていたおかげで妹は出血したときに
出産予定の病院に入院することができました。
本当に良かったと思います。
張り止めとか、出血を抑える薬とか、点滴してもらえたからです。
その病院と夢クリニックで連絡して、
プロゲ注射なども打ってもらえたそうです。

その病院ももう退院して、夢クリニックも卒業して、
現在は実家で安静にしています。

妹は8月7日に移植した卵ということで、
「ハナちゃん」と呼んでいます。
うちの旦那に言ったら、「男の子だったらヤシチだね」と言ってました。
まあ、どちらにしろ、そういう感覚が
私も妹も旦那もよく似ています。
私もときどき、赤ちゃんに
「あんた、ハットちゃんって呼ばれてたことがあるんだよ」と
言ったりしています。

妹には無事に出産してほしいなあと切に祈っています。
そして、今、赤ちゃん待ちの皆さんにも、妊娠中の皆さんにも、
無事に出産できるよう、お祈り申し上げます。
スポンサーサイト
産まれました
本日、5月26日、すごい難産でしたが、無事に出産しました。3150gの女の子です。
難産だったのは赤ちゃんの旋回異常のため。私の骨盤も小さかったらしく、子宮口9センチが5時間続き、胎児徐脈、遷延分娩になり、吸引、鉗子分娩の末、やっと出て来ました。
赤ちゃんはちょっと酸欠になっちゃって保育器に入ってしまいましたが、今は元気だそうです。
産まれてすぐに保育器に入ってしまったので、私もまだあまり見てないのです。先ほど、入院の部屋に帰るときに保育器を見ましたが、向こうを向いてました。(泣)
陣痛中は辛くて、もう嫌!と何度も弱音をはいちゃったけど、応援してくださった皆さんのことを考えて、頑張らねば!と思いました。
どうもありがとうございました。
ピンクレター
お久しぶりです。

早いものでもう7ヶ月に入りました。
経過は順調です。
お腹も目立つほどは大きくないので、
妊娠中だということを忘れてしまうくらいです。

3月末まで仕事をして、
退職することに決めました。
最近まで仕事も忙しかったので、
それも「妊婦」ということを忘れてしまう原因なんでしょうね。
でも、無理はしていません。

先日、夢クリニックに妊娠経過を
ピンクレターで送りました。

夢クリニックの診察券、
私は700番台なんですが、
最近初診の方はどのくらいの番号がついているんでしょうね。
先生も相変わらずお忙しいんでしょうね。

そうそう、確定申告の医療費の計算、
私もやってみました。
2007年の医療費は97万円でした。
そんなにかかっていないつもりでも、
毎回支払っている診察代ってけっこうになっていたんですね。

皆さんのブログにはコメントは残していないけれど、
ケータイでちょこちょこチェックして、
元気や勇気をもらっています。
本当にいつも応援しています。
皆さんの願いが必ず叶うと信じています。

だんだん、ちょっとずつ暖かくなってきている気がします。
今月、移植の皆さんが多いようですが、
お身体に気をつけて、移植に臨んでくださいね。
ご挨拶
ひなたです。
いつも私のブログにいらしてくださってありがとうございます。

突然ですが、夢クリニックの卒業を機に、
このブログを終了したいと思います。


「赤ちゃんが欲しい」と思い始めてから、
その思いを友達には言えずに悶々としていました。
「不妊」というキーワードであちこちのブログを見てまわり、
そのうちに素敵だなあと思うブログに少しずつコメントをしたりするようになりました。

素敵だなあと思ったブログで知り合った方のうち、
お一人は8月に無事に出産しました。
お一人は先日、陽性判定が出ました。
お二人ともとても優しい人で、
友達の妊娠報告に悔しい思いをしたりしても、
そういう自分を責めて反省して、その分また優しくなる、
そんな方達でした。
このお二人の陽性判定、私はどちらも泣きました。
自分の陽性判定のときは泣かなかったのに、
優しくて素敵な友達の報告には泣いてしまうんですよね。


私が夢クリニックの説明会に行ったとき、
まだ「夢クリニック通院」のブログを書いている方はいなくて、
だったら、自分で書いてみようと思って書きはじめました。
書いているうちに皆さんと知り合って、
いろいろな情報を交換できるようになりました。

私はこうやってブログを書いてみると気づきますが、
自分の感情を素直に書くのがあまり上手じゃありません。
自分の「意見」は書けるのですが、
自分の気持ちを書こうとすると、どこかに客観的な自分がいて、
悲しみや嬉しさの渦中にいても、
書くときになると、それが素直な文章にはなりません。
そのため、なんだかすごく小論文みたいな記事ばかりになってしまいました。
素直に気持ちを綴っていらっしゃるブログやコメントを見ると、
すごいなあって思います。
いつもコメントのレスに愛想がなくてごめんなさい。

また、情報をあまり細かく調べたりとかしていないので、
夢クリニックの情報ブログとしても、あまり役立たないブログになりました。


私はやたらと「勝ち」とか「負け」にこだわる人間です。
他の人が先に妊娠したと聞けば、「負けた!」と思い、
悔しさにヒステリックになる人間です。
他人の妊娠報告に冷静でいられないのは、
不妊治療している人は皆同じと言うけれど、
私の場合、「彼女に比べて、なぜ私は妊娠できないのかしら?」
ということに泣くんじゃないんですよ。
勝ったとか負けたとか、そういうことで悔しがっていたんです。

私が今回、本当に運がよく、
夢クリニックで一度目の自然周期で陽性判定をいただきました。
努力というほどのこともせず、
本当に「運が良かっただけ」だと思っています。
でも、こんな私の陽性判定を、
私よりもずっと治療歴の長い皆さんが、
「感動して涙が出ました。
ひなたさんは私の希望です」と言ってくださったこと。
どうしてそんなに優しい言葉が出るんでしょう。
私は自分のバカさ加減が身にしみて、情けなくて涙が出ました。
今までの私だったら、今回の私のようなタナボタ妊娠報告には
優しく対応してあげることができません。

ブログを通じて知り合った皆さんが、
素敵な方ばかりで本当に良かった。
私は皆さんから、優しい気持ちをあげることを学びました。
他の人の喜びを自分の喜びに感じられること、
自分が辛いときにはそれは難しいことだけれど、
難しいことができること、
それが本当に価値のあることだと思います。
そういう気持ちをたくさんいただけたこと、
自分が不妊症なことも、そうそう悪いことばかりじゃなかったと思います。
どうもありがとうございます。


「妊娠菌」という言葉、
あまり好きではありません。
ですが、妊娠した人の周りで妊娠が多いというのは
どうやら本当のことのようです。
私の周りの心優しい人達が妊娠できるなら、
私は本当に心から祈りたい。
ブログを通じて知り合った皆さんが、
夢クリニックですれ違っているかもしれない皆さんが、
いつかきっとその手に赤ちゃんが抱けるように。


こうやって妊娠しても、出産するまでは治療が続いているという考え方もあると思いますが、
私はこのブログでこの後の妊娠経過を書いていく気にはなれません。
あくまでもこちらは「夢クリニック通院記」としたいと思います。

ですが、もし許してくださるのなら、
皆さんのブログには今後もコメントさせていただきたいなと思っています。
そして、夢クリニックのブルーレターと同じく、
もし、無事に出産したら、その報告だけ、こちらでさせてください。

長くてまとまりのない文章になりました。
ブログを通じて皆さんと出会えて幸せです。
どうか、皆さんが無事にその手に赤ちゃんを抱けますよう、
心からお祈り申し上げます。
卒業
日曜日、ダンナと一緒に夢クリニックに行ってきました。
これで卒業です。

とても混んでいて、3Fも4Fもいっぱいでした。
だんだんと評判が広がっているのかな。

採血まではとてもスムーズでしたが、
採血結果が出て、4Fに呼ばれるまで、
2時間くらいかかりました。
今回はベッドではなく、普通に3Fで待っていたので、
ちょっと体調がつらかったです。


内診をすると、
かなり大きくなった赤ちゃんが写りました。
大きさは31ミリで、
エコーでもちゃんと頭と身体の区別がつきました。
キューピーみたいです。
ちゃんと心拍も見えたし、たぶん順調。


その後の診察はダンナと二人で入りました。
「胎児の大きさもホルモン値も順調なので、
紹介状を書きます」と、
先生はその場で黙々と紹介状を書き始めました。
11月4日の日曜日で10w0d、予定日は来年の6月1日でした。
「後で会計のときに紹介状を渡すから、
それを持って一週間以内に新しい病院に行ってください」
と言われました。

ダンナが「もう安静にしてなくていいですか?」と聞くと、
「もう大丈夫だと思うけど、早めに新しい病院に行って、
その病院の指示に従ってください」とのことでした。
なんか、その言葉を聞いたときに、
ああ、もうこの人は主治医じゃなくなるんだと思って
とても寂しい感じがしました。

診察室を出るとき、
いつも「ありがとうございました」って言うんですが、
今回の「ありがとうございました」には、
本当に感謝の気持ちをこめました。
忙しい院長先生にそれが伝わったかどうかはわかりませんが、
私の声はちょっと震えていました。


続いてダンナと二人、処置室に呼ばれました。
私の大好きな優しい看護婦さんが、
凍結保存している卵や精子がないことを確認して、
これからの参考にしたいので、
妊娠経過報告と出産報告を送るように言われました。
妊娠経過報告はピンクの封筒に
出産報告はブルーの封筒に入っていました。

夢クリニックは今年の5月に開院なので、
まだ出産報告は一通も届いていないことになりますよね。
看護婦さん達もブルーの封筒が届くのを楽しみにしているんでしょうね。

あと、ピンクの封筒を渡されました。
「こちらは、当院を卒業していく皆さんに
スタッフからのメッセージです」とのことでした。
こんなふうにお手紙をくれるんだ!と思ったら、
すごく感動しました。
そのお手紙がこちら。

ハートレター


こんなふうにハートに折ってある手紙を見るのは
中学生以来です。
なんかテレちゃいますね。
中は印刷した手紙でした。
「この度は、新橋夢クリニックをご卒業おめでとうございます」と
書いてあり、花束の写真とメッセージが書いてありました。
そうか、「卒業」っていうのはブログの仲間だけの用語じゃなくて、
クリニックのスタッフ自らが「卒業」って使っているんですね。

最後、処置室を出るとき、
この大好きな看護婦さんをはじめ、
その場にいる看護婦さんが全員立ち上がって、
「この度は本当におめでとうございます。
元気な赤ちゃんを産んでくださいね」と言ってくれました。
そんなふうにしてもらえるなんて、
全然思ってもいなかったので、
感激して、泣きそうになりました。
外の待合室に大勢いると思って我慢しましたが、
でも、すごく嬉しかった。
夢クリニックのスタッフに「おめでとう」って言ってもらって、
「私って本当に妊娠しているんだ!」って実感できました。

私の夢クリニック卒業でした。
夢クリニックの時計
たいしたことではないんですが。。。
ずっと書き忘れていました。

夢クリニックの3Fの受付の時計、
ちょっと仕掛けのある時計だってご存知でしたか?

以前、何気なく時計を見たときに、
「あれ?この時計ってこんな色だった?」って思ったんです。
そうしたら、文字盤のところがパカって4つに割れて、
それぞれが外向きになっていたからだったんです。

毎時、長針がちょうど12のところに来ると
文字盤が4つに割れてそれぞれの文字盤が外側に向けて
くるりと回るみたいです。

まあ、ただそれだけで、
お人形が出てくるとか、そういったことはないんですけどね。
もし、○時ジャストにお会計待ちをしていたら、
ちょっと見てみてください。
次回で卒業。。。
こんにちは。
9週目に入りました。

起きている間、ずっと胃がシクシクと痛くて
眠いようなフラフラするような状態が続いています。
昨年、ノロウィルスにかかったときのような
胸のムカムカはないので、
吐いたりはしないだろうと思っていたのですが、
昨日の夜中、お湯を飲んだ後、
とうとうトイレで。。。でした。
はあ、しんどい。



さてさて、日曜日に夢クリニックに行ってきました。
今回の通院が一番辛かったです。
電車に乗っていても歩いていてもボーっとして、
熱があるのに外出する人みたいな感じになってました。

3Fも4Fもとても混んでいて、
座るところもないくらいだったのですが、
私は例の如く、ベッドで寝かせてもらいました。
今回は「安静」ということよりも
「起きているとつらいから」お願いしたという感じです。

赤ちゃんの大きさは25ミリになっていました。
ちゃんと心拍も見えて安心しました。
やっぱり毎回、内診のときは緊張です。

そうそう、25ミリ。
家に帰って、食卓の生のサクラエビを見ながら、
母と「ちょうどこのくらいじゃない?」と言って笑い合いました。

さて、診察ですが、
「出血した跡も小さくなってきたし、
胎児の大きさもちょうどいい」と言われました。
ホルモン値もP4が10を超えていたので、
薬や注射もなしになりました。
ああ、やっと毎日の薬から解放された!

「じゃあ、来週が最後やね」と言われました。
ああ、とうとう卒業ですか。。。
なんか、不思議なんですが、
「嬉しい」というよりも「寂しい」という感じがしました。
この無愛想だけれど、本当はとても優しいに違いない
サバサバした先生を、とても信頼していたからです。
先生に会えなくなるのは寂しいなあ。
まあ、先生は私の顔と名前も一致していないだろうけど。

「来週、紹介を書くから、
次に行こうと思っている病院を決めてきて」と言われました。
そうか、白紙紹介状じゃなくて、
ちゃんと「○○病院御中」みたいな感じに書くんですね。
家から近いところを2つくらい候補に挙げていたんですが、
両方行って比べてみようかなとか考えていました。
でも、今のうちにしっかり決めないとだめですね。

実はそのうちの一つの病院は家から一番近くて、
親子でやっている個人病院なのですが、
院長先生が今月亡くなったと聞き、
あまり混乱しているようだと嫌だなあとか考え、迷っています。
今日、ダンナがこちらに通ってくる日なので(通い婚状態です)、
ダンナと相談して決めたいと思います。

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

体調の変化
こんにちは。
お久しぶりですね。
安静のお陰で出血は全然ありません。
相変わらずずっと寝てばかりですが、
最近はちょっと体調の変化があります。

最初の一週間は、
「どこも悪くないのに、寝ていなきゃならないのは暇~!」
という感じでした。
突然、抗い難い眠気が襲ってきて寝てしまうということは
よくありました。

先週からは、
お腹が空くと胃がキリキリと痛むようになりました。
それで、いつも「なんか食べたい~」と思ってます。
でも、食べ始めると、「もういらな~い」と思ってしまいます。

今週に入ってからは、起きている間ずっと
頭がクラクラしてゲローンという感じです。
胸がムカムカで気持ち悪いというよりは
目が回って気持ち悪いという感じです。

だから、DSでゲームしていても、なんだかツライし、
クロスワードパズルで頭を使うのもダメ。
せっかく毛糸と本を買ったけど、
編み物をする気も全然ありません。
時間はいっぱいあるのに、生産的なことは全然できません。
マンガを読んでいるときだけが、ちょっとマシかな。
誰か、マンガ貸して~!!

つわりって、ちょっと「憧れ」だったけれど、
そうなってみると、やっぱり辛いです。。。
いつまでこんな調子なのかな~。
あと三週間も。。。
こんにちは。ひなたです。

ご心配をおかけしましたが、
家に帰った翌日に母が迎えに来てくれ、
母と一緒に実家に帰りました。
今は実家でゴロゴロしています。
おかげでおいしいご飯も食べられて
それがとても嬉しいです。

布団の枕元にノートパソコンを置いてもらったので、
今はそれで打っています。
でも、うつ伏せって苦しくて、
あまりずーっとはパソコンができません。
皆さんのブログにコメントもつけられなくて、
それがちょっとつまらないな。
でも、皆さんのブログはケータイからいつもチェックしています!
皆さんの治療も進んでて、ドキドキしながら見ています。
応援していますからねー!
あと、皆さんのコメントのお返事も滞ってしまって
ごめんなさい。
時間を見つけて少しずつ書いていくので、
待っていてくださいね。


さて、今日は通院日。
移植後32日目の検診です。
本当は朝、10時までに採血に行かなきゃいけないけど、
そうするとラッシュに当たってしまうので、
電話で交渉すると、
「午後でもいいですよ」と言ってくれました。

午前9時半に母とちょっと遅め出勤にしてくれた父と
一緒に家を出て病院に向かいました。
両親と一緒に電車ってちょっと恥ずかしいね。
でも、実家のほうの電車はけっこう混んでいて、
その時間でも途中までは座れませんでした。
途中で父が座れたので、その席を譲ってもらいました。
なんかねー、おじさん(父のことね)を立たせて
代わりに座る女性って図々しい感じしますよね。
「妊婦さんマーク」をダンナがもらってきてくれたんですが、
夢クリニックに行くのにそれをつけるのも
なんだか嫌で。。。

母と一緒にクリニックに向かい、
採血、内診とスムーズに呼ばれました。
内診、今日は画面でちゃんと心拍が見えました!
目で見て大丈夫って確認できるのっていいですね。
ちょっと感動しました。
内診が終わるとき、先生が
「横のベッドに寝ていていいですよ」と
言ってくれました。
看護婦さんが案内してくれて、
また今日も採血室横のベッドで待ちました。
そこで注射も先にしてもらいました。

診察
先生が図に書いて説明してくれたんですが、
子宮の奥に赤ちゃんがいるとすると、
それよりも子宮口のほうに血液が溜まっているそうです。
ただし、それは茶色いから、以前の出血の時の血みたいです。
「安静にね」と言われたので、
「あと、一週間くらいでしょうかねえ。。。」と言ったら、
「とんでもない! あと三週間は安静」と言われてしまいました。
え~! あと三週間も!
そんなに安静にしてなきゃいけないんだ~。

先生曰く、
「今ある血が排出されたり吸収されるのにも最低三週間かかるし、
新たに奥のほうから出血したら、
はがれちゃうからね。
はがれちゃったらどうしようもないから」
ということです。
やっぱり新たに出血しないことが本当に重要なんですね。
こうなったらしかたない。
「先生、その旨を何か書いていただくことは可能でしょうか?」
と聞くと、
「診断書ね、書きますよ」と言ってもらえました。

その後、出血を抑える薬として、
「トランサミン」をもらいました。
これは「トラネキサム酸」みたいですねえ。
なんか聞いたことあるなあ。
ハミガキ粉でしたっけ?
あと、まだP4は2.9なので「デュファストン」は継続。

診断書には「妊娠7週、切迫流産」とか、
「今後三週間の安静休業加療が必要です」
と書いてありました。
これを出せば会社も仕方ないと思ってくれるよね。
仕事はここでワードでマニュアルを作って
それをメールして電話やファックスも使おうっと。
なんかソーホーの人みたい。
いや、本当に皆に迷惑かけてしまって、
申し訳ないと思っているんですけどね。
まさか、自分がこうやって妊娠できるとは思ってなくて、
しかも妊娠したら、こんなになるとは思ってなくて、
マニュアルとか記録の整理とか
あまりちゃんとしていなかったんですよね。
自分の中のリスク管理が甘かったです。

とりあえず、あと三週間、
安静にしています。



追伸
他の方のブログをチェックしたら、
今日が通院日だった方ってけっこういますねえ。
私はメイク道具を実家に持って来なかったので
ノーメイクで髪もぐしゃぐしゃでした。
今日の記事を読んで、
「もしかしてあの人かも。。。」と思った方、
心の中にそっとしまっておいてください。。。

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

会社員って悩ましい
クリニックの帰り、
今度は仕事が心配に。下手すると、皆のお給料が出ないかも。
その足で会社に行き、上司に報告と、
とりあえず自分しか知らない仕事を30分くらい片付けました。
待っていてくれたダンナは呆れてイライラ。
自分にしかできない仕事なんて全然ないけど、
突然長期休んで平気なくらい、
他の人にやり方を説明はしていないんだよ~。
ダンナは会社のリスク管理がどうこう言うけど。。。
普通の会社は大丈夫なのかな?
私だって、赤ちゃんが一番大事だけど。。。
でも、結局、遅刻の予定が休暇になっちゃったダンナ。
ダンナの会社に迷惑かけちゃった。
付き添ってくれてありがとう。
customize by カールアニキ Material by 自然いっぱいの素材集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。